楽曲分析・感想

夜明けまで強がらなくてもいい/乃木坂46 でコード進行を学ぶ

夜明けまで強がらなくてもいい/乃木坂46 でコード進行を学ぶ

IN-TOSH(@intosh_redarrow)です。

今回は 夜明けまで強がらなくてもいい/乃木坂46 でコード進行を学んでいきます。

概要

夜明けまで強がらなくてもいい/乃木坂46

作詞 : 秋元康

作曲 : 山田裕介

編曲 : APAZZI

B面 : 「僕のこと、知ってる?」(共通)

「路面電車の街」(Type-A)

「図書室の君へ」(Type-B)

「時々 思い出してください」(Type-C)

「~Do my best~じゃ意味はない」(Type-D)

「僕の思い込み」(通常盤)

乃木坂46の24枚目のシングル。2019年9月4日リリース。

総合ソングチャート【Billboard Japan Hot 100】2019年9月16日付ランキング1位

夜明けまで強がらなくてもいい/乃木坂46
created by Rinker

コード譜(フル)

コード譜の下へ

N.C.

G#m7・・・|EM7・・・

B・・・|F#sus4・F#・ ×2

G#m・・・|E・・・

B・・・|F#sus4・B/F#・

G#m・・・|E・・・

B・・・|Bsus4・B・

G#m7・・・|EM7・・・

B・・・|F#sus4・F#・

G#m・・・|E・・・

B・・・|F#sus4・B/F#・

G#m・・・|E・・・

B・・・|Bsus4・B・

G#m・・・|E・・・

B・・・|F#sus4・・・

E・・・|F#sus4・・・

Bsus4・・・|B・・・

Badd9・・・|B・・・

G#m・・・|E・・・

F#・・・|B・B/A#・ ×3

G#m・・・|E・・・

F#・・・|B・・B/A#

G#m7・・・|EM7・・・

B・・・|F#sus4・F#・ ×2

G#m・・・|E・・・

B・・・|F#sus4・B/F#・

G#m・・・|E・・・

B・・・|Bsus4・B・

G#m・・・|E・・・

B・・・|F#sus4・・・

E・・・|F#sus4・・・

Bsus4・・・|B・・・

Badd9・・・|B・・・

G#m・・・|E・・・

F#・・・|B・B/A#・ ×3

G#m・・・|E・・・

F#・・・|B・・B/A#

G#m・・・|E・・・

F#・・・|B・B/A#・

G#m・・・|E・・・

F#・・・|B・・・

G#m・・・|E・・・

F#・・・|B・B/A#・

G#m・・・|E・・・

N.C.・・・|・・・・

G#m・・・|E・・・

F#・・・|B・B/A#・ ×3

G#m・・・|E・・・

F#・・・|B・・B/A#

N.C.・・・|・・・・

G#m7・・・|EM7・・・

B・・・|F#sus4・F#・ ×2

E・・・|・・・・

コード譜の上へ

スポンサーリンク

コード進行 分析・解説

場面ごとに見ていきます。コードはディグリーネームで表記します。

また、ノンダイアトニックコード赤字で表記します。

楽曲のキーBメジャーです(G#マイナーと捉えることもできます)。

イントロ

Key = B

N.C.

Ⅵm7・・・|ⅣM7・・・

Ⅰ・・・|Ⅴsus4・Ⅴ・ ×2

( 原曲のキーで見る → イントロ )

頭にストリングスのトリルの後、6415の進行です。

トニックサブドミナントトニックドミナントの進行で。循環コードの中でもドミナントが終わりにくるものは、最後のその小節で「次に進んでいく感じ」が出ます。

トニック?ドミナント?それぞれの「コードの機能」とは?
トニック?ドミナント?それぞれの「コードの機能」とは?IN-TOSH(@intosh_redarrow)です。 コード進行の話で「トニック」「ドミナント」「サブドミナント」という言葉を...

楽曲を通してⅥmから始まる進行を繰り返しているので、Bメジャーではなく平行調短調G#マイナーであると捉えてもいいかもしれません。イントロで既にその雰囲気を作り出しています。

Aメロ

Key = B

Ⅵm・・・|Ⅳ・・・

Ⅰ・・・|Ⅴsus4・Ⅰ/Ⅴ・

Ⅵm・・・|Ⅳ・・・

Ⅰ・・・|Ⅰsus4・Ⅰ・

Ⅵm7・・・|ⅣM7・・・

Ⅰ・・・|Ⅴsus4・Ⅴ・

Ⅵm・・・|Ⅳ・・・

Ⅰ・・・|Ⅴsus4・Ⅰ/Ⅴ・

Ⅵm・・・|Ⅳ・・・

Ⅰ・・・|Ⅰsus4・Ⅰ・

( 原曲のキーで見る → A-1 A-2 )

イントロ同様、6415をベースにしています。8小節の区切りの部分ではトニックⅠで1度締める、という進行ですね。

1番ではその8小節が2度繰り返されますが、1回目と2回目の間に歌のない部分が4小節挿入されます。これはイントロと全く同じと言っていいものですね。尺は半分です。

またこの楽曲中で何度かあるのが、ドミナントⅤをハッキリと使わない響きです。Ⅴsus4やⅠ/Ⅴというコードは導音(リーディングトーン、スケールの7番目の音)が鳴らないため、不安定感が薄まり、トニックへの強い進行感を和らげます。

楽曲の雰囲気に合わせてこのようなコードを使っているのだと思います。

A-2

2番のAメロは尺が短くなる、よくあるパターンです。8小節を1度のみになります。

Bメロ

Key = B

Ⅵm・・・|Ⅳ・・・

Ⅰ・・・|Ⅴsus4・・・

Ⅳ・・・|Ⅴsus4・・・

Ⅰsus4・・・|Ⅰ・・・

Ⅰadd9・・・|Ⅰ・・・

( 原曲のキーで見る → B-1 B-2 )

最初の4小節は、イントロAメロと同様に6415です。その後もシンプルで、サブドミナントⅣ→ドミナントⅤ→トニックⅠというお手本通りの進行です。

Ⅴsus4についてはAメロでも触れました。

Ⅰはsus4、メジャー、add9、メジャーと進行することで、Ⅳ→Ⅲ→Ⅱ→Ⅲのラインが見えるのが良いですね。

サビ

Key = B

Ⅵm・・・|Ⅳ・・・

Ⅴ・・・|Ⅰ・Ⅰ/Ⅶ・ ×3

Ⅵm・・・|Ⅳ・・・

Ⅴ・・・|Ⅰ・・Ⅰ/Ⅶ

( 原曲のキーで見る → サビ-1 サビ-2 サビ-3 サビ-4 )

サビはここまでの6415と違い、6451の小室進行です。様々な楽曲に使われています。

シンプルさが潔いですね。最後のⅠのみ、2拍間でベースラインがⅠ→Ⅶに動き、その後のⅥmにスムーズに繋がっています。順次進行の下行形ですね。

順次進行とは?心地よく印象に残るコード進行について
「順次進行」とは?心地よく印象に残るコード進行についてIN-TOSH(@intosh_redarrow)です。 楽曲を聴いていると、「音が上にどんどん上がっていく」「どんどん下がってい...

細かいですが、最後のみコードチェンジのタイミングが違うと思われます。

サビ-3

8小節の落ちサビです。4小節の小室進行を2回繰り返しますが、最後の2小節は伴奏がないブレイクの部分なので、N.C.と表記するのが適切かもしれません。

サビ-4

落ちサビから繋がる、ラストのサビです。上記の進行の後、最後の2小節のフレーズを繰り返しますので2小節長くなります。落ちサビ同様ブレイクなので、N.C.が相応しいと思います。

スポンサーリンク






間奏

Key = B

間奏-1

Ⅵm7・・・|ⅣM7・・・

Ⅰ・・・|Ⅴsus4・Ⅴ・ ×2

( 原曲のキーで見る → 間奏-1 )

1番のサビ後に入る間奏です。

イントロと全く同じと言っていいでしょう。詳しくはそちらを参照。他の部分でも同じ進行は使われています。

間奏-2

Ⅵm・・・|Ⅳ・・・

Ⅴ・・・|Ⅰ・Ⅰ/Ⅶ・

Ⅵm・・・|Ⅳ・・・

Ⅴ・・・|Ⅰ・・・

( 原曲のキーで見る → 間奏-2 )

2番のサビの後に入ります。

1番と2番の間の間奏とは違い、こちらはサビと同じ進行です。最後のⅠでⅠ/Ⅶにベースラインが動くところは無くなっています。

アウトロ

Key = B

Ⅵm7・・・|ⅣM7・・・

Ⅰ・・・|Ⅴsus4・Ⅴ・ ×2

Ⅳ・・・|・・・・

( 原曲のキーで見る → アウトロ )

イントロ、1番後の間奏と同じ進行です。

最後はサブドミナントⅣで終わっています。浮遊感のある、少し不思議な感じもする終わり方です。そのような雰囲気のある楽曲でよく使われますね。

最後に

今回は 夜明けまで強がらなくてもいい/乃木坂46 でコード進行を学びました。

非常にシンプルなコード進行だったため、少し細かめに採譜を行いました。基本的には間違いはないと思いますが、何かありましたら教えて頂けますと有難いです。

シンプルさ故に単調、手抜き、という印象も与えてしまいがちですが、個人的には乃木坂46という色がアレンジなどにも出ていて、「THE 乃木坂46」という感じはしました。皆さんは如何でしょうか。

細かいところを省略すれば、Ⅰ,Ⅳ,Ⅴ,Ⅵm(B,E,F#,G#m)の4種類のコードのみで出来ている楽曲です。ギターの弾き語りの練習などにも向いてそうですね。

余談ですが、8フレットにカポをセットすれば、上記4種類はバレーコード(セーハ)を全く使わずにコードの演奏が可能です(G,C,D,Em)。初心者の方など、是非お試しください。

前のシングルも取り上げています↓

Sing Out!/乃木坂46 でコード進行を学ぶ
Sing Out!/乃木坂46 でコード進行を学ぶIN-TOSH(@intosh_redarrow)です。 今回は Sing Out!/乃木坂46 でコード進行を学んでいきます。 ...