楽曲分析・感想

Vampire/IZ*ONE でコード進行を学ぶ

Vampire/IZ*ONE でコード進行を学ぶ

IN-TOSH(@intosh_redarrow)です。

今回は Vampire/IZ*ONE でコード進行を学んでいきます。

概要

Vampire/IZ*ONE

作詞 : 秋元康

作曲・編曲 : CHOCOLATE MIX

B面 : 「君以外」(共通)

「Love Bubble」(通常盤 Type-A)

「紫外線なんかぶっとばせ」(通常盤 Type-B)

「不機嫌Lucy」(WIZ*ONE盤)

IZ*ONEの日本3枚目のシングル。2019年9月25日リリース。

総合ソングチャート【Billboard Japan Hot 100】2019年10月7日付ランキング1位

Vampire/IZ*ONE
created by Rinker

コード譜(フル)

コード譜の下へ

C#m・・・ ×4

F#m7・・・|・・・・

G#7・・・|・・・C#m

C#m・・・ ×4

F#7・・・|・・・・

F#7・・・|・・G#7・

C#m・・・ ×4

F#7・・・|・・・・

F#7・・・|A・G#7・

A・・・|F#7・・・

B・・・|G#m7・・・

A・・・|F#7・・・

A6・・・|G#7・・・

C#m・・・|・・・・

AM7・・・|・・・・

F#m7・・・|・・・・

G#7・・・|・・・・ ×2

C#m・・・ ×4

C#m・・・ ×4

F#7・・・|・・・・

F#7・・・|・・G#7・

C#m・・・ ×4

F#7・・・|・・・・

F#7・・・|A・G#7・

A・・・|F#7・・・

B・・・|G#m7・・・

A・・・|F#7・・・

A6・・・|G#7・・・

C#m・・・|・・・・

AM7・・・|・・・・

F#m7・・・|・・・・

G#7・・・|・・・・ ×2

C#m・・・|B/D#・・・

E・・・|C#7/F・・・

F#m・・・|Gdim・・・

G#7・・・|C#m G#7/C E/B F#7/A#

F#m7・・・|・・・・

G#7・・・|・・・・|・・・・

C#m・・・|・・・・

AM7・・・|・・・・

F#m7・・・|・・・・

G#7・・・|・・・・ ×2

C#m・・・|・・・・

AM7・・・|・・・・

F#m7・・・|・・・・

G#7・・・|・・・・

C#m・・・ ×4

コード譜の上へ

スポンサーリンク

コード進行 分析・解説

場面ごとに見ていきます。コードはディグリーネームで表記します。

また、ノンダイアトニックコード赤字で表記します。

楽曲のキーC#マイナーです。

  • この楽曲はマイナーキーですが、今回は分かり易さを重視して平行調メジャーキーでの表記をします。

イントロ

Key = C#m (表記 : E)

Ⅵm・・・ ×4

Ⅱm7・・・|・・・・

Ⅲ7・・・|・・・Ⅵm

( 原曲のキーで見る → イントロ )

音を思いっきり潰したような、印象的なエフェクトのかかったイントロ部分です。ラジオから流れる音のような感じですね。

コードは3種類ですが、どれもこの楽曲の中心となるものです。Ⅲ7は実際のマイナーキーだとドミナントセブンスⅤ7で、(考え方によりますが)ダイアトニックコードです。

トニック?ドミナント?それぞれの「コードの機能」とは?
トニック?ドミナント?それぞれの「コードの機能」とは?IN-TOSH(@intosh_redarrow)です。 コード進行の話で「トニック」「ドミナント」「サブドミナント」という言葉を...

最後の小節の4拍目でⅥm(実際はトニックマイナー)を1拍だけ先出ししてくるのは斬新です。篭った音のエフェクトが消え、ダンスの振りとオーケストラヒットのような音で、良いキメの部分になっています。

Aメロ

Key = C#m (表記 : E)

Ⅵm・・・ ×4

Ⅱ7・・・|・・・・

Ⅱ7・・・|・・Ⅲ7

Ⅵm・・・ ×4

Ⅱ7・・・|・・・・

Ⅱ7・・・|Ⅳ・Ⅲ7

( 原曲のキーで見る → A-1 A-2 )

マイナーキーのまま表記した方が分かり易かったかもしれないです。Ⅵm→Ⅱ7Ⅲ7という進行ですが、マイナーキーでいうトニックマイナーサブドミナントドミナントというシンプルな進行です。

サブドミナントドミナントダイアトニックコードとするかどうかは、考え方にもよるところです。

ダイアトニックコード一覧と機能、メジャー・マイナーの違い
ダイアトニックコード一覧と機能、メジャー・マイナーの違いIN-TOSH(@intosh_redarrow)です。 コード進行の話になると必ず出てくる「ダイアトニックコード」ですが、それぞ...

Bメロ

Key = C#m (表記 : E)

Ⅳ・・・|Ⅱ7・・・

Ⅴ・・・|Ⅲm7・・・

Ⅳ・・・|Ⅱ7・・・

Ⅳ6・・・|Ⅲ7・・・

( 原曲のキーで見る → B-1 B-2 )

Bメロで変化を出すのは楽曲として定番ですが、この楽曲のコード進行も、ここで初めて出てくるコードが多くなっています。

リズムも、4分音符でライドシンバルを刻む、ビートを大きくとるようなものに変化しています。コードも白玉に近いですね。

Ⅱ7はⅤに続くことが多く、実際に2~3小節目ではそうなっています。一度その進行を見せている分、6~7小節目ではⅣ(6)に戻っているのが、少し変化球な印象で面白いです。

サビ

Key = C#m (表記 : E)

Ⅵm・・・|・・・・

ⅣM7・・・|・・・・

Ⅱm7・・・|・・・・

Ⅲ7・・・|・・・・ ×2

( 原曲のキーで見る → サビ-1 サビ-2 サビ-3 )

トニック(マイナー)Ⅵmから、サブドミナントⅣM7、Ⅱm7と展開してドミナントⅢ7という、これもまたシンプルなマイナーキーの循環コードです。

楽曲中にサビは3度出てきますがコード進行や展開には特に変化はないでしょうか。滑らかに動くベースとトラップのようなハイハットの連打が印象に残ります。

スポンサーリンク






間奏

Key = C#m (表記 : E)

Ⅵm・・・ ×4

( 原曲のキーで見る → 間奏 )

イントロアウトロを除く楽曲部分で、唯一歌の乗っていない4小節が1番サビ後の間奏です。

コードはトニック(マイナー)1発ですが、ある意味楽曲中では貴重な場面なのかもしれません。

Cメロ

Key = C#m (表記 : E)

Ⅵm・・・|Ⅴ/Ⅶ・・・

Ⅰ・・・|Ⅵ7/#Ⅰ・・・

Ⅱm・・・|#Ⅱdim・・・

Ⅲ7・・・|Ⅵm Ⅲ7/#Ⅴ Ⅰ/Ⅴ Ⅱ7/#Ⅳ

Ⅱm7・・・|・・・・

Ⅲ7・・・|・・・・|・・・・

( 原曲のキーで見る → C )

2番サビの終わりがそのままCメロに繋がります。

Ⅵmから始まり7小節目のⅢ7まで、オンコードを用いつつベースラインがだんだんと上行しているのが、迫ってくるような進行です。順次進行と言えるでしょうか。

順次進行とは?心地よく印象に残るコード進行について
「順次進行」とは?心地よく印象に残るコード進行についてIN-TOSH(@intosh_redarrow)です。 楽曲を聴いていると、「音が上にどんどん上がっていく」「どんどん下がってい...

この部分でしか出てこないノンダイアトニックコードの響きや、楽曲中で唯一1拍ごとのコードチェンジとなる8小節目の部分もあり、非常に印象的な場面になっています。

アウトロ

Key = C#m (表記 : E)

Ⅵm・・・|・・・・

ⅣM7・・・|・・・・

Ⅱm7・・・|・・・・

Ⅲ7・・・|・・・・

Ⅵm・・・ ×4

( 原曲のキーで見る → アウトロ )

ラスサビ後、エンディングとなる部分です。進行自体はサビと同様で、終わりはしっかりトニック(マイナー)で終止しています。

元々のマイナーキーで言えばⅤ7→Ⅰmで、ドミナント終止ですね。

音楽でのややこしい言葉「終止・終止形」の違いと種類
音楽でのややこしい言葉「終止・終止形」の違いと種類IN-TOSH(@intosh_redarrow)です。 日本語の文法で「終止形」という言葉を使います。未然・連用・終止・連体・仮...

最後に

今回は Vampire/IZ*ONE でコード進行を学びました。

K-POP特有の「語尾を上げる感じ」であったり、日本とは少し違う雰囲気のトラックであったり、純粋な日本人だけのグループとは違うテイストでの良さがあると思います。

今のIZ*ONEの活動期間はあと1年半といったところでしょうか。絶大な人気を誇りますが、活動期間中にどこまで進化していくのか、楽しみに見守りたいです。