楽曲のコード進行

U.S.A./DA PUMP でコード進行を学ぶ

U.S.A/DA PUMP でコード進行を学ぶ

IN-TOSH(@intosh_redarrow)です。

今回は U.S.A./DA PUMP でコード進行を学んでいきます。

概要

U.S.A./DA PUMP

作詞 : Donatella Cirelli / Severo Lombardoni / 日本語詞 : shungo.

作曲 : Claudio Accatino / Donatella Cirelli / Anna Maria Gioco

編曲 : KAZ

B面 : 「All 2 You」「Take it Easy」

DA PUMPの29枚目のシングル。2018年6月6日リリース(28枚目シングルは2014年10月8日リリースの為約3年半ぶり)。TBS系『王様のブランチ』2018年6月期エンディングテーマ

総合ソングチャート【Billboard Japan Hot 100 of the Year2018】2位

原曲は、イタリア人歌手 ジョー・イエロー(Joe Yellow)のシングル。1992年にイタリアのレーベルからアナログ盤としてリリース。

U.S.A./DA PUMP
created by Rinker

コード譜(フル)

コード譜の下へ

N.C.N.C.

Bm・・・|G・A・

Bm・・・|D・Em ×3

Bm・・・|D・A・

Bm・・・|D・Em ×4

G・・・|Em・・・

G・・・|A・・・

G・・・|Em・・・

G・・・|F#・・・

G・A・|Bm・・・

G・A・|Bm・・・

G・A・|Bm・・・

G・・・|F#・・・ ×2

Bm・・・|G・A・

Bm・・・|D・Em

Bm・・・|D・A・

Bm・・・|D・Em ×4

G・・・|Em・・・

G・・・|A・・・

G・・・|Em・・・

G・・・|F#・・・

G・A・|Bm・・・

G・A・|Bm・・・

G・A・|Bm・・・

G・・・|F#・・・ ×2

Bm・・・|G・A・

Bm・・・|D・Em

N.C.N.C.N.C.N.C.

G・・・|Em・・・

G・・・|F#・・・

G・A・|Bm・・・

G・A・|Bm・・・

G・A・|Bm・・・

G・・・|F#・・・ ×2

Bm・・・|G・A・

Bm・・・|D・Em・

N.C.N.C.N.C.N.C.

コード譜の上へ

スポンサーリンク

コード進行 分析・解説

場面ごとに見ていきます。コードはディグリーネームで表記します。

また、ノンダイアトニックコード赤字で表記します。

楽曲のキーはBマイナーです。

イントロ

Key = Bm

N.C.N.C.

Ⅰm・・・|♭Ⅵ・♭Ⅶ・

Ⅰm・・・|♭Ⅲ・Ⅳm ×3

( 原曲のキーで見る → イントロ )

最初の2小節は掛け声のみです。

2段目から、4小節の進行を3回繰り返します。1回目は歌無し、2回目と3回目は歌が入ります。

進行自体は非常にシンプルなダイアトニックコードのみの循環コードです。2小節で1つとして、それぞれトニックから始まります。

注意ポイントはⅣmの部分。ここでは便宜上コード全てをトライアドの形で表記していますが、実は3度の音が鳴っていない部分がいくつかあります。特に、Ⅳmの部分は短3度の音は鳴らすと濁ります。長3度にしても短3度にしても、鳴らすと響きにハマりません。

ですので、特にⅣmに関しては、厳密に表記するとⅣomit3となります。ギターでの演奏でよく使うコードです(パワーコードなど)。他のコードは3rdがハマらないことはないとしていいと思います。

また、この考え方は1曲通して当てはまります。

トニック?ドミナント?それぞれの「コードの機能」とは?
トニック?ドミナント?それぞれの「コードの機能」とは?IN-TOSH(@intosh_redarrow)です。 コード進行の話で「トニック」「ドミナント」「サブドミナント」という言葉を...

Aメロ

Key = Bm

Ⅰm・・・|♭Ⅲ・♭Ⅶ・

Ⅰm・・・|♭Ⅲ・Ⅳm ×4

( 原曲のキーで見る → A-1 A-2 )

こちらもシンプルにダイアトニックコードのみの循環コードイントロで♭Ⅵだった部分が♭Ⅲに変わっただけになります。4回繰り返します。

余談ですが♭Ⅵはトニック・サブドミナント、♭Ⅲはトニック、の代理コードといえます。

またⅣmについてはイントロと同様です。

Bメロ

Key = Bm

♭Ⅵ・・・|Ⅳm・・・

♭Ⅵ・・・|♭Ⅶ・・・

♭Ⅵ・・・|Ⅳm・・・

♭Ⅵ・・・|・・・

( 原曲のキーで見る → B-1 B-2 )

Bメロもダイアトニックコード中心です。

最後のから次のサビの♭Ⅵへの進行は、同主調メジャーキーでいうとⅢ7→Ⅳという進行であり、よく使われるノンダイアトニックコードです。

サビ

Key = Bm

♭Ⅵ・♭Ⅶ・|Ⅰm・・・

♭Ⅵ・♭Ⅶ・|Ⅰm・・・

♭Ⅵ・♭Ⅶ・|Ⅰm・・・

♭Ⅵ・・・|・・・ ×2

( 原曲のキーで見る → サビ-1 サビ-2 サビ-3 )

Ⅰ→♭Ⅵ→♭Ⅶという循環コードイントロ間奏アウトロでも使われていますが、こちらは逆循環となります。単純に1小節目と2小節目を入れ替えたと考えると分かりやすいですね。

循環コードの中でどこを最初にするかを変えるだけの逆循環ですが、印象に残る進行にもなるため、非常によく使われます。

最後のは、次の間奏のⅠmにドミナントモーションで繋がります。

スポンサーリンク






間奏

Key = Bm

間奏-1

Ⅰm・・・|♭Ⅵ・♭Ⅶ・

Ⅰm・・・|♭Ⅲ・Ⅳm

( 原曲のキーで見る → 間奏-1 )

イントロと全く同じ進行です。

間奏-2

Ⅰm・・・|♭Ⅵ・♭Ⅶ・

Ⅰm・・・|♭Ⅲ・Ⅳm

N.C.N.C.N.C.N.C.

♭Ⅵ・・・|Ⅳm・・・

♭Ⅵ・・・|・・・

( 原曲のキーで見る → 間奏-2 )

イントロ、上記の間奏-1と同様の進行の後、声のみの部分4小節入ります。その後、Bメロの後半部分と同じ進行の4小節が、歌なしで入ります。

アウトロ

Key = Bm

Ⅰm・・・|♭Ⅵ・♭Ⅶ・

Ⅰm・・・|♭Ⅲ・Ⅳm

N.C.N.C.N.C.N.C.

( 原曲のキーで見る → アウトロ )

イントロ間奏と同じ進行です。最後、楽曲のエンディングにあたる部分は声のみになります。

最後に

今回は U.S.A./DA PUMP でコード進行を学びました。

ユーロビートの楽曲で、進行はシンプルではあるとはいえ使われるコードの数は何と6つのみ。豊かな響きのコードを駆使するような楽曲ではありません。

しかし、ダンシング・ヒーロー/荻野目洋子 の登美丘高校によるダンス×ユーロビートの流行などもあり、このような楽曲の人気に改めて火が付きました。

この曲が約3年半ぶりのシングルとなったDA PUMPですが、実は活動期間はかなり長く、1996年から(私が生まれるよりも前!)。20年以上という活動で1番のヒット曲になりました。

紛れもなく2018年を代表する楽曲の1つ。今後のDA PUMPも楽しみです。

関連記事