楽曲のコード進行

床の間正座娘/NMB48 でコード進行を学ぶ

床の間正座娘/NMB48 でコード進行を学ぶ

IN-TOSH(@intosh_redarrow)です。

今回は 床の間正座娘/NMB48 でコード進行を学んでいきます。

概要

床の間正座娘/NMB48

作詞 : 秋元康

作曲 : 池澤聡

編曲 : APAZZI

B面 : 「甘い妄想」(共通)

「焼け木杭」(通常盤 Type-A)

「嘘をつく理由」(通常盤 Type-B)

「アップデート」(通常盤 Type-C)

「ピンク色の世界」(通常盤 Type-D)

「2番目のドア」(劇場盤)

NMB48の20枚目のシングル。2019年2月20日リリース。

総合ソングチャート【Billboard Japan Hot 100】2019年3月4日付ランキング1位

床の間正座娘/NMB48
created by Rinker

コード譜(フル)

コード譜の下へ

Dm・・・|F・・・

A・・・|・・・・

Dm・・・|Gm・・・

C・・・|F・・・

Dm・・・|Gm・・・

C・・・|Dm・A7・

Dm・・・|Gm・・・

C・・・|F・・・

Dm・・・|Gm・・・

C・・・|Dm・・・ ×2

B♭・・・|C・・・

Dm・・・|F・・・

B♭・・・|・・・・

Em7-5・・・|A・・・

A・・・

Dm・・・|Gm・・・

C・・・|F・・・

B♭・・・|C・・・

Dm・・・|A・・・

Dm・・・|Gm・・・

C・・・|F・・・

B♭・・・|C・・・

Dm・・・|F・・・

B♭M7・・・|・・・・

F・・・|A・・・

Dm・・・|・・・・

Dm・・・|Gm・・・

C・・・|Dm・A・

Dm・・・|Gm・・・

C・・・|F・・・

Dm・・・|Gm・・・

C・・・|Dm・・・ ×2

B♭・・・|C・・・

Dm・・・|F・・・

B♭・・・|・・・・

Em7-5・・・|A・・・

A・・・

Dm・・・|Gm・・・

C・・・|F・・・

B♭・・・|C・・・

Dm・・・|A・・・

Dm・・・|Gm・・・

C・・・|F・・・

B♭・・・|C・・・

Dm・・・|F・・・

B♭M7・・・|・・・・

F・・・|A・・・

Dm・・・

Dm・・・|Gm・・・

C・・・|F・・・

B♭M7・・・|・・・・

F・・・|A・・・

Dm・・・|Gm・・・

C・・・|F・・・

B♭・・・|C・・・

Dm・・・|A・・・

Dm・・・|Gm・・・

C・・・|F・・・

B♭・・・|C・・・

Dm・・・|F・・・

B♭M7・・・|・・・・

F・・・|A・・・

Dm・・・|・・・・

Dm・・・|Gm・・・

C・・・|F・・・

Dm・・・|Gm・・・

C・・・|Dm・A7・

Dm・・・

コード譜の上へ

スポンサーリンク

コード進行 分析・解説

場面ごとに見ていきます。コードはディグリーネームで表記します。

また、ノンダイアトニックコード赤字で表記します。

楽曲のキーDマイナーです。

イントロ

Key = Dm

Ⅰm・・・|♭Ⅲ・・・

Ⅴ・・・|・・・・

Ⅰm・・・|Ⅳm・・・

♭Ⅶ・・・|♭Ⅲ・・・

Ⅰm・・・|Ⅳm・・・

♭Ⅶ・・・|Ⅰm・Ⅴ7・

( 原曲のキーで見る → イントロ )

最初の4小節はプレイントロのような部分ですね。5小節目から掛け声が入ってきます。

5小節目から、Ⅰm→Ⅳm→♭Ⅶ→♭Ⅲという進行は同主調メジャーキーでいうⅥm→Ⅱm→Ⅴ→Ⅰにあたります。1625を6から始めた循環コードですね。

このようなタイプの循環コードは非常によく使われますが、6251の場合は特にマイナーの響きを感じられます。メジャーキーで使うことでも部分的にマイナーの響きを得られます。

この楽曲でも繰り返し出てくる、ポイントとなる進行です。2周目は最後の小節のみドミナントへ進行してAメロに繋がっていきます。

トニック?ドミナント?それぞれの「コードの機能」とは?
トニック?ドミナント?それぞれの「コードの機能」とは?IN-TOSH(@intosh_redarrow)です。 コード進行の話で「トニック」「ドミナント」「サブドミナント」という言葉を...

Aメロ

Key = Dm

Ⅰm・・・|Ⅳm・・・

♭Ⅶ・・・|♭Ⅲ・・・

Ⅰm・・・|Ⅳm・・・

♭Ⅶ・・・|Ⅰm・・・ ×2

( 原曲のキーで見る → A-1 A-2 )

イントロと同様の進行です。

8小節目はトニックマイナーで、マイナーの安定した響きでしっかり終わっています。

Bメロ

Key = Dm

♭Ⅵ・・・|♭Ⅶ・・・

Ⅰm・・・|♭Ⅲ・・・

♭Ⅵ・・・|・・・・

Ⅱm7-5・・・|Ⅴ・・・

Ⅴ・・・

( 原曲のキーで見る → B-1 B-2 )

♭Ⅵ→♭Ⅶ→Ⅰm、マイナーキーらしい進行です。同主調のメジャーキーでいうと、少し暗い進行であるⅣ→Ⅴ→Ⅵmとなります。順次進行ですね。

順次進行とは?心地よく印象に残るコード進行について
「順次進行」とは?心地よく印象に残るコード進行についてIN-TOSH(@intosh_redarrow)です。 楽曲を聴いていると、「音が上にどんどん上がっていく」「どんどん下がってい...

雰囲気を変えることの多いBメロとマッチする進行です。

ちなみにメジャーキーではⅥ→♭Ⅶ→Ⅰという進行もよく使われます。一瞬のマイナーの響きから一気にメジャーの響きに戻ってくる感じが得られます。

Ⅱm7-5はハーフディミニッシュとも呼ばれ少し複雑に見えるコードですが、ダイアトニックコードです。

Ⅱm→Ⅴ→Ⅰというツーファイブ(ワン)という進行はよく知られていますが、マイナーキーのツーファイブはⅡm-5→Ⅴ→Ⅰmとなり、まさにこの部分と同様です。サビのⅠmに繋がっていきます。

サビ

Key = Dm

Ⅰm・・・|Ⅳm・・・

♭Ⅶ・・・|♭Ⅲ・・・

♭Ⅵ・・・|♭Ⅶ・・・

Ⅰm・・・|Ⅴ・・・

Ⅰm・・・|Ⅳm・・・

♭Ⅶ・・・|♭Ⅲ・・・

♭Ⅵ・・・|♭Ⅶ・・・

Ⅰm・・・|♭Ⅲ・・・

♭ⅥM7・・・|・・・・

♭Ⅲ・・・|Ⅴ・・・

Ⅰm・・・|・・・・

( 原曲のキーで見る → サビ-1 サビ-2 サビ-3 )

22小節と少し長いサビですが、進行は複雑ではありません。

1~4、9~12小節のⅠmから始まる進行は、イントロでも登場した循環コードです。耳に残りやすい進行ですね。

5~7、13~15小節の♭Ⅵから始まる進行は、Bメロでも登場しました。

17小節目はM7の響きを感じたので、♭ⅥM7という表記にしました。♭Ⅲに繋がるのは珍しい気もします。メジャーキーでいうサブドミナント終止です。

音楽でのややこしい言葉「終止・終止形」の違いと種類
音楽でのややこしい言葉「終止・終止形」の違いと種類IN-TOSH(@intosh_redarrow)です。 日本語の文法で「終止形」という言葉を使います。未然・連用・終止・連体・仮...

サビ-2

2番のサビのみ、間奏-2へ繋がる為に最後のⅠmが1小節短くなっています。

スポンサーリンク






間奏

Key = Dm

間奏-1

Ⅰm・・・|Ⅳm・・・

♭Ⅶ・・・|Ⅰm・Ⅴ・

( 原曲のキーで見る → 間奏-1 )

1番のサビの後、2番のAメロの前に入る間奏です。

イントロの終わり4小節と同じ進行です。

間奏-2

Ⅰm・・・|Ⅳm・・・

♭Ⅶ・・・|♭Ⅲ・・・

♭ⅥM7・・・|・・・・

♭Ⅲ・・・|Ⅴ・・・

( 原曲のキーで見る → 間奏-2 )

2番のサビの後に入る間奏です。ギターソロですね。

イントロサビでも使われる進行4小節と、サビの後半部分で出てくる進行を繋げた形になります。

アウトロ

Key = Dm

Ⅰm・・・|Ⅳm・・・

♭Ⅶ・・・|♭Ⅲ・・・

Ⅰm・・・|Ⅳm・・・

♭Ⅶ・・・|Ⅰm・Ⅴ7・

Ⅰm・・・

( 原曲のキーで見る → アウトロ )

イントロと同様の進行です。

楽曲のエンディング部分で、最後はトニックマイナーの安定した響きで終わっています。

最後に

今回は 床の間正座娘/NMB48 でコード進行を学びました。

「オーマイガー!」「ナギイチ」などの王道アイドルソングしか知らなかったので、掛け声や曲風など印象的な楽曲でした。

山本彩さんの卒業後初のシングルということで、MVがデビューシングルのオマージュで始まるなど「原点回帰」の意味も込められているようですね。

NMB48の今後にも期待です。

関連記事