楽曲分析・感想

一番好きだとみんなに言っていた小説のタイトルを思い出せない/上村ひなの(日向坂46) のコード進行と分析

一番好きだとみんなに言っていた小説のタイトルを思い出せない/上村ひなの(日向坂46) のコード進行と分析

IN-TOSH(@intosh_redarrow)です。

今回は 一番好きだとみんなに言っていた小説のタイトルを思い出せない/上村ひなの(日向坂46) を採譜して、コード譜を作成しました。コード進行の一言分析も併せて紹介します。

概要

一番好きだとみんなに言っていた小説のタイトルを思い出せない/上村ひなの(日向坂46)

作詞 : 秋元康

作曲・編曲 : 辻村有記 / 伊藤賢

A面 : 「こんなに好きになっちゃっていいの?

B面 : 「ホントの時間」(共通)

まさか 偶然…」(Type-A)

ママのドレス」(Type-C)

川は流れる」(通常盤)

日向坂46の3枚目のシングル「こんなに好きになっちゃっていいの?」Type-B収録。2019年10月2日リリース。

こんなに好きになっちゃっていいの?/日向坂46
created by Rinker

コード譜(フル)

コード譜の下へ

  • サビ-0

A・・・|Bsus4・B・

C#m7・・・|G#m・・・

A・・・|Bsus4・・・

C#m7・・・|N.C.・・・

N.C.・・・

  • 間奏-0

Bsus4/A・・・|B・・・

C#m7・・・|G#m・・・ ×2

N.C.・・・

  • A-1

A・・・|・・B・

C#m7・・・|・・B・

A・・・|B・・・

C#m7・・・|・・B・

A・・・|・・B・

C#m7・・・|・・B/D# B/E

A・・・|B・・・

C#m7・・・|E/B・・・

  • B-1

A・B・|C#m7・G#m・ ×3

A・・・|・・・・

Bsus4・・・|N.C.・・・

  • サビ-1

A・B・|C#m7・G#m7・

A・B・|C#m7・E・

A・B・|G#/C・C#m7・

A・・・|Bsus4・・・

N.C.・・・

  • 間奏-1

Bsus4/A・・・|B・・・

C#m7・・・|G#m・・・ ×2

N.C.・・・

  • A-2

A・・・|・・B・

C#m7・・・|・・B・

A・・・|B・・・

C#m7・・・|・・B・

A・・・|・・B・

C#m7・・・|・・B/D# B/E

A・・・|B・・・

C#m7・・・|E/B・・・

  • B-2

A・B・|C#m7・G#m・ ×3

A・・・|・・・・

Bsus4・・・|N.C.・・・

  • サビ-2

A・B・|C#m7・G#m7・

A・B・|C#m7・E・

A・B・|G#/C・C#m7・

A・・・|Bsus4・・・

N.C.・・・

  • 間奏-2

E/G#・A・|B・C#m・ ×4

  • C

E/G#・A・|B・C#m・ ×3

E/G#・A・|E・・・

E/G#・A・|B・C#m7・ ×3

E/G#・A・|E・・・

  • サビ-3

E/G#・・・|A・・・

B・G#/C・|C#m7・・・

E/G#・・・|A・・・

Bsus4・・・|N.C.・・・

  • サビ-4

A・B・|C#m7・G#m7・

A・B・|C#m7・E・

A・B・|G#/C・C#m7・

A・・・|Bsus4・・・

N.C.・・・

  • アウトロ

A・・・|Bsus4・B・

C#m7・・・|G#m・・・ ×2

コード譜の上へ

スポンサーリンク

コード進行 分析・解説

楽曲のキーEメジャーです。

サビから始まる楽曲です。頭サビ、1番と2番のサビ(&ラスサビ)、落ちサビでコードが変わっているのが面白いですね。

特に、落ちサビでは丸ごと変化していて非常にポイントになる部分だと思います。同じサビのメロディでも、どこか新鮮に聞こえると思います。

楽曲を通してⅣ→Ⅴ→Ⅵmという流れがベースになっています。いわゆる逆循環のコード進行です。コードチェンジのタイミングが場面で違ったりするので、よく見ると面白いかもしれません。

個人的ポイント、1つは、1番後の間奏とアウトロで、5小節目の2拍目にアクセントが来るところですね。4小節×2の部分でこのような変化が入るのが好きです。

もう1つは2番のサビ後の「ポエトリーリーディング」からCメロ、落ちサビへの流れです。進行はほとんど変化がありませんが、使われる楽器がどんどん変わっていきます。

最初はピアノですが、裏でうっすら鳴っている木琴?か何かの音がちょっとしたアクセントです。「おもちゃ」を連想させるような音がテーマにも台詞にもマッチしていると思います。

Cメロに入るとピアノもエレクトリックピアノになるのが雰囲気良いですね。その後はギターなども入って盛り上がり、落ちサビへ、という展開がこの楽曲で好きな部分です。

最後に

今回は 一番好きだとみんなに言っていた小説のタイトルを思い出せない/上村ひなの(日向坂46) のコード譜を作成し、簡単に分析をしました。

グループ唯一の3期生ながら、1期生の3人に続く4曲目のソロ曲となりました。楽曲に関しても歌に関しても、初解禁から衝撃を受けたファンも多いようです。自分もその1人です。

中々癖のある声、歌い方で好みが分かれるかもしれません。個人的には声は好きですが、歌い方はあまり好みではなかったです。前作のユニット曲「やさしさが邪魔をする」の歌声も好きでした。

何にしても、少し前に15歳になった中学3年生と思うと末恐ろしいです。聞いていて将来が本当に楽しみになる楽曲でした。ソロ曲ながらMVもあるようなので、公開を期待して待ちます。