楽曲分析・感想

しあわせの保護色/乃木坂46 のコード進行と分析

しあわせの保護色/乃木坂46 のコード進行と分析

IN-TOSH(@intosh_redarrow)です。

今回は しあわせの保護色/乃木坂46 を採譜して、コード譜を作成しました。コード進行の一言分析も併せて紹介します。

概要

しあわせの保護色/乃木坂46

作詞 : 秋元康

作曲 : MASANORI URA

編曲 : 武藤星児

B面 :「サヨナラ Stay with me」(共通)

「じゃあね。」(Type-A)

「アナスターシャ」(Type-B)

「毎日がBrand new day」(Type-C)

「I see…」(Type-D)

「ファンタスティック三色パン」(通常盤)

乃木坂46の25枚目のシングル。2020年3月25日リリース。

コード譜(フル)

コード譜の下へ

  • イントロ

A♭

D♭・・・|G♭・・・

A♭・・・|D♭・G♭ A♭ ×2

  • A-1

D♭・・・|A♭・・・

G♭・・・|D♭・・・ ×4

  • B-1

F・・・|・・・・

B♭m・・・|・・・・

E♭・・・|・・・・

A♭・A♭7/G♭ Fm7|・A♭・・

  • サビ-1

D♭・・・|A♭/D♭・・・

G♭/D♭・・・|D♭・・・ ×2

D♭・・・|A♭・・・

G♭・・・|D♭・・・ ×2

  • 間奏-1

D♭・・・|G♭・・・

A♭・・・|D♭・G♭ A♭

  • A-2

D♭・・・|A♭・・・

G♭・・・|D♭・・・ ×4

  • B-2

F・・・|・・・・

B♭m・・・|・・・・

E♭・・・|・・・・

A♭・A♭7/G♭ Fm7|・A♭・・

  • サビ-2

D♭・・・|A♭/D♭・・・

G♭/D♭・・・|D♭・・・ ×2

D♭・・・|A♭・・・

G♭・・・|D♭・・・ ×2

  • 間奏-2

D♭・・・|D♭M7・・・

D♭7・・・|G♭・・・

G♭m・・・|D♭・・・

E♭m・・・|A♭・・・

  • C

G♭M7・A♭・|Fm・B♭m・

E♭m・A♭7(♭9)・|B♭m・D♭/A♭

G♭M7・A♭・|B♭m・D♭/A♭・

B・・・|・・・・

A♭・・・|・・・・

  • サビ-3

D♭・・・|A♭/D♭・・・

G♭/D♭・・・|D♭・・・ ×2

D♭・・・|A♭・・・

G♭・・・|D♭・・・

D♭・・・|A♭・・・

G♭・・・

D♭・E♭m7-5/A G♭/A♭|D♭・・・

コード譜の上へ

スポンサーリンク

コード進行 分析・解説

楽曲のキーD♭メジャーです。

柔らかい雰囲気の楽曲ですね。コードチェンジが1~2小節に1回という部分が多いのも理由の1つです。特にAメロやサビなどで、シンプルな進行やその繰り返しが中心ですが、要所要所にポイントがあると感じます。

全体を通して、スリーコード(トニックⅠ(D♭)、サブドミナントⅣ(G♭)、ドミナントⅤ(A♭))を中心とした分かり易いコード進行です。サウンドも素直な感じなので、中には物足りなく感じる人も居るかもしれません。

ポイント1つ目はBメロの頭。そこまで純度100%のスリーコードのところに、突然ノンダイアトニックコードのⅢ(F)が鳴るので、印象がガラッと変わります。次のⅥm(B♭m)から見たドミナントの役割ですね。

これまたノンダイアトニックコードのⅡ(E♭)の後は、Ⅴ(A♭)のベースラインが変わっていく2小節。サビ前が静かな感じで、惹き付けられると思います。

ポイント2つ目は2番サビからラスサビまでの間。間奏はⅠ(D♭)→ⅠM7→Ⅰ7のクリシェが印象的で、Ⅳ(G♭)→Ⅳmのサブドミナントマイナーの流れも切なさを感じさせます。

Cメロは2拍に1回のコードチェンジとなり、他の部分との差別化が見えます。4536の王道進行ですが、ドミナントⅤ(A♭)のオルタードテンション(♭9)がひとつアクセントを効かせていますね。

エンディング部分はリタルダンドでシンコペーションが入る為、一瞬8分の3拍子になったような、不意を突かれたところですぐに終わります。ここでもⅡm7-5/♭Ⅵ(E♭m7-5/A)という2つ目のコードが良いアクセントです。

最後に

今回は しあわせの保護色/乃木坂46 のコード譜を作成し、簡単に分析をしました。

中心メンバー白石麻衣さんの卒業前最後の楽曲ということで、温かく送り出す感じの楽曲だと思いました。柔らかい曲調の中にも少し切なさが混じるような、コンセプトに非常に合った楽曲だと思います。

最近は映画にも出演とのことで、今後の活躍にも期待です。