楽曲のコード進行

SCARLET / 三代目 J SOUL BROTHERS でコード進行を学ぶ

SCARLET feat. Afrojack/三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE でコード進行を学ぶ

IN-TOSH(@intosh_redarrow)です。

今回は SCARLET feat. Afrojack/三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE でコード進行を学んでいきます。

概要

SCARLET feat. Afrojack/三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE

作詞 : YVES&ADAMS

作曲 : Giorgio Tuinfort / Afrojack

B面 : 「GOLDEN」

三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの通算24枚目のシングル。2019年8月7日リリース。

総合ソングチャート【Billboard Japan Hot 100】2019年8月19日付ランキング1位

SCARLET feat. Afrojack/三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE
created by Rinker

コード譜(フル)

コード譜の下へ

Bm・F#m/A F#m|G・・・

Em・D/F#・|Asus4・・・

Bm・F#m・|G・・・

Em・D/F#・|Asus4・・・

Bm7・・・|D/A・・・

GM9・・・|・・・・

Bm7・・・|D/A・・・

GM9・・・|Dadd9/G・・・ ×2

Em7・F#m7・|A・・・

Bm7・F#m7・|G・・・

Em7・F#m7・|A・D/F#・

G・・・|F#sus4・・・

Bm・F#m/A F#m|G・・・

Em・D/F#・|Asus4・・・

Bm・F#m/A F#m|G・・・

Em・・・|N.C.・・・

Bm・F#m/A F#m|G・・・

Em7・D/F#・|Asus4・・・ ×2

Bm7・・・ ×7

N.C.・・・

Bm7・・・|D/A・・・

GM9・・・|・・・・

Bm7・・・|D/A・・・

GM9・・・|Dadd9/G・・・

Bm7・・・|D/A・・・

GM9・・・|・・・・

Bm7・・・|D/A・・・

GM9・・・|N.C.・・・

Em7・F#m7・|A・・・

Bm7・F#m7・|G・・・

Em7・F#m7・|A・D/F#・

G・・・|F#sus4・・・

Bm・F#m/A F#m|G・・・

Em・D/F#・|Asus4・・・

Bm・F#m/A F#m|G・・・

Em・・・|N.C.・・・

Bm・F#m/A F#m|G・・・

Em7・D/F#・|Asus4・・・ ×2

Bm・F#m/A F#m|G・・・

Em7・D/F#・|Asus4・・・

Bm・F#m/A F#m|G・・・

Em7・D/F#・|N.C.・・・

Bm7・・・ ×7

N.C.・・・

Bm・F#m/A F#m|G・・・

Em・D/F#・|Asus4・・・

Bm・F#m・|G・・・

Em・D/F#・|Asus4・・・

コード譜の上へ

スポンサーリンク

コード進行 分析・解説

場面ごとに見ていきます。コードはディグリーネームで表記します。

また、ノンダイアトニックコード赤字で表記します。

楽曲のキーBマイナーです。

  • この楽曲はマイナーキー(Bマイナー)ですが、今回は分かり易さを重視して平行調メジャーキー(Dメジャー)での表記をします。

イントロ

Key = Bm (表記 : D)

Ⅵm・Ⅲm/Ⅴ Ⅲm|Ⅳ・・・

Ⅱm・Ⅰ/Ⅲ・|Ⅴsus4・・・

Ⅵm・Ⅲm・|Ⅳ・・・

Ⅱm・Ⅰ/Ⅲ・|Ⅴsus4・・・

( 原曲のキーで見る → イントロ )

ピアノで始まるイントロです。最後にはシンセベル系の音が入ってきてAメロに繋がります。音数が少ないため若干無理矢理コードの表記にしている部分もあります。

Ⅵm(平行調短調でいうトニック)を軸にした進行で、ピアノ中心というのも相まって、儚さも感じさせるようなイントロになっています。

トニック?ドミナント?それぞれの「コードの機能」とは?
トニック?ドミナント?それぞれの「コードの機能」とは?IN-TOSH(@intosh_redarrow)です。 コード進行の話で「トニック」「ドミナント」「サブドミナント」という言葉を...

Ⅴsus4は、純粋なドミナントⅤほどはっきりした響きにはならないため、この雰囲気の中にも溶け込んでいます。オンコードの響きも似たような役割を持っていそうですね。雰囲気のあるイントロだと思います。

Aメロ

Key = Bm (表記 : D)

Ⅵm7・・・|Ⅰ/Ⅴ・・・

ⅣM9・・・|・・・・

Ⅵm7・・・|Ⅰ/Ⅴ・・・

ⅣM9・・・|Ⅰadd9/Ⅳ・・・ ×2

( 原曲のキーで見る → A-1 A-2 )

イントロが終わり歌が入ってきます。オンコードテンションコードなどの響きが雰囲気を作り出しています。

ベースラインがⅥ→Ⅴ→Ⅳと下行する順次進行の形でスムーズですね。ⅣM9のところでは、歌のメロディがメジャー9thをなぞっているため、不思議な浮遊感もあると思います。

順次進行とは?心地よく印象に残るコード進行について
「順次進行」とは?心地よく印象に残るコード進行についてIN-TOSH(@intosh_redarrow)です。 楽曲を聴いていると、「音が上にどんどん上がっていく」「どんどん下がってい...

最後のⅠadd9/Ⅳは無理矢理この表記にしました。コード進行の雰囲気、高音域で鳴るピアノのアルペジオ、などを考慮した結果です。

ⅣM9を2小節引っ張る表記でも問題ないと思いますが、個人的にはこの小節にトニックを感じたため、この表記です。メロディもⅠの音に落ち着いています。

A-2

2番のAメロは最後がSEだけのブレイクのような形になるので、N.C.と表記しています。Bメロも2番はリズムが異なり、1番との変化をつけています。

Bメロ

Key = Bm (表記 : D)

Ⅱm7・Ⅲm7・|Ⅴ・・・

Ⅵm7・Ⅲm7・|Ⅳ・・・

Ⅱm7・Ⅲm7・|Ⅴ・Ⅰ/Ⅲ・

Ⅳ・・・|Ⅲsus4・・・

( 原曲のキーで見る → B-1 B-2 )

頭から英語の歌詞がリフレインするのはキャッチーですね。コードが235と上がっていく感じも良く合っています。

2回し目はスネアが8分音符でクレッシェンド、ⅤからⅠ/Ⅲを挟んでサブドミナントⅣに進行しますが、ポイントは次のⅢsus4です。

Ⅳの後に来るⅢsus4は、どちらかというとⅢmよりもの感じが強いため、ダイアトニックコードながら、ノンダイアトニックコードのような「ハッとする感じ」や「期待感」が出ます。で盛り上げた直後はサビが来ることが多いですね。

また、2番はリズムが1番のものから変化しています。シンセやキックが前面に出てきていますね。Aメロの最後からBメロまで、1番とは異なっていて面白いです。

Cメロ

Key = Bm (表記 : D)

C-1,2

Ⅵm・Ⅲm/Ⅴ Ⅲm|Ⅳ・・・

Ⅱm・Ⅰ/Ⅲ・|Ⅴsus4・・・

Ⅵm・Ⅲm/Ⅴ Ⅲm|Ⅳ・・・

Ⅱm・・・|N.C.・・・

( 原曲のキーで見る → C-1 C-2 )

Bメロで盛り上がってサビに入ると思いきや、実はサビはこの後に別で来るため、この部分はBの次、Cメロとしました。

スネアの4つ打ちなど「ここが一番の盛り上がりか?」と一瞬思わせて、8分→16分と次へとより盛り上げていきます。

Bメロ最後で(sus4)で盛り上げてからの「サビじゃない」という裏切りは良いですね。最近聞いた曲で同じようなものがありました。流行りとかあるのでしょうか?

大人サバイバー/ラストアイドル でコード進行を学ぶ
大人サバイバー/ラストアイドル でコード進行を学ぶIN-TOSH(@intosh_redarrow)です。 今回は 大人サバイバー/ラストアイドル でコード進行を学んでいきます。 ...

進行としてはイントロをベースにしたものです。密かに伏線を回収していますね。

C-3

Ⅵm・Ⅲm/Ⅴ Ⅲm|Ⅳ・・・

Ⅱm・Ⅰ/Ⅲ・|Ⅴsus4・・・

Ⅵm・Ⅲm・|Ⅳ・・・

Ⅱm・Ⅰ/Ⅲ・|Ⅴsus4・・・

( 原曲のキーで見る → C-3 )

2番の間奏の後に入ります。驚く点は、このCメロで楽曲が締め括られることです。初めて聴いて驚いた人は多いのではないでしょうか。自分もそうです。

メロディは1番、2番のCメロと同様の為Cメロとしましたが、進行を見るとイントロと同じものになります。1番、2番のCメロとは細かいところで若干違いますね。

イントロのフレーズをアウトロに持ってくるのは常套的なよくある方法ですが、そこに歌を乗せたという解釈もできますね。個人的には新しい感じで良いと思っています。

MVにはこの後オマケのようなシーン(?)も続くので、ドミナントⅤで、まだ後に何かがあるような終わり方をしたのかもしれません。

サビ

Key = Bm (表記 : D)

Ⅵm・Ⅲm/Ⅴ Ⅲm|Ⅳ・・・

Ⅱm7・Ⅰ/Ⅲ・|Ⅴsus4・・・ ×2

( 原曲のキーで見る → サビ-1 サビ-2 )

満を持して来たサビも、進行自体はイントロCメロと同じ感じです。曲名が歌詞に入ったりしてキャッチーです。

音圧感もしっかりCメロより盛り上がっていて、サビという感じがしますね。4つ打ちです。

後半のメロディはCメロと同じなので、前サビ、本サビ(後サビ?)、と両方サビの扱いでも良かったかもしれません。

スポンサーリンク






間奏

Key = Bm (表記 : D)

間奏-1

Ⅵm7・・・ ×7

N.C.・・・

( 原曲のキーで見る → 間奏-1 )

1番のサビの後の間奏です。コード進行としては特殊なことはなく、シンセベースのリフやダンスが目立つ場面ですね。

間奏-2

Ⅵm・Ⅲm/Ⅴ Ⅲm|Ⅳ・・・

Ⅱm7・Ⅰ/Ⅲ・|Ⅴsus4・・・

Ⅵm・Ⅲm/Ⅴ Ⅲm|Ⅳ・・・

Ⅱm7・Ⅰ/Ⅲ・|N.C.・・・

Ⅵm7・・・ ×7

N.C.・・・

( 原曲のキーで見る → 間奏-2 )

2番のサビの後の間奏です。

前半はそのままサビと同じ進行、後半は1番の間奏と同じものですね。長めの間奏でダンスの場面をつくるのも、このグループの楽曲の特徴というイメージがあります。

最後に

今回は SCARLET feat. Afrojack/三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE でコード進行を学びました。

曲名にも名前を連ねるAfrojackはビヨンセの楽曲も手掛けたことのあるプロデューサーで、共同でプロデュースに入っているGiorgio Tuinfortも実はビッグネームです。

ホイットニーヒューストンやマイケルジャクソン、レディーガガやアリアナグランデなど錚々たるアーティストの共同プロデュースなどを行っています。

この関係のグループには疎く、自分の中では2011年あたりのEXILEで止まっていますが、名プロデューサーや洗練されたサウンドなど、興味深い点が多くありました。現代的な感じですね。

関連記事