楽曲のコード進行

大人サバイバー/ラストアイドル でコード進行を学ぶ

大人サバイバー/ラストアイドル でコード進行を学ぶ

IN-TOSH(@intosh_redarrow)です。

今回は 大人サバイバー/ラストアイドル でコード進行を学んでいきます。

概要

大人サバイバー/ラストアイドル

作詞 : 秋元康

作曲 : 新隼人

編曲 : 野中”まさ”雄一

B面 : 「キレよう!」(共通)

「誰かの夢が叶ったら」(Type-A)

「Lollipop」(Type-B)

「青春0対0」(Type-C)

ラストアイドルの6枚目のシングル。2019年4月17日リリース。

総合ソングチャート【Billboard Japan Hot 100】2019年4月29日付ランキング1位

大人サバイバー/ラストアイドル
created by Rinker

コード譜(フル)

コード譜の下へ

Cm7・A♭M7・|B♭・E♭・ ×4

Fm7・・・|・・・・

Gm7・・・|・・・・ ×3

Fm7・・・|・・・・

B♭・・・|・・・・

G7・・・

Cm7・・・|A♭M7・・・

B♭・・・|E♭・・・

Fm・・・|A♭m・・・

E♭/B♭・B♭・|B♭sus4・B♭・|・・・・

Cm7・A♭M7・|B♭・E♭・ ×8

Fm7・・・|・・・・

Gm7・・・|N.C.・・・

Fm7・・・|・・・・

Gm7・・・|・・・・ ×2

Fm7・・・|・・・・

B♭・・・|・・・・

G7・・・

Cm7・・・|A♭M7・・・

B♭・・・|E♭・・・

Fm・・・|A♭m・・・

E♭/B♭・B♭・|B♭sus4・B♭・|・・・・

Cm7・A♭M7・|B♭・E♭・ ×8

N.C.・・・ ×4

E♭・・・ ×3

N.C.・・・

Cm7・A♭M7・|B♭・E♭・ ×4

Fm7・・・|・・・・

Gm7・・・|G7・・・

E♭・B♭7/D・|Cm7・A♭m・

Fm7・・・|B♭sus4・B♭・

B♭・・・|・・・・

Cm7・A♭M7・|B♭・E♭・ ×12

Cm7・Gm7・|A♭・・・

コード譜の上へ

スポンサーリンク

コード進行 分析・解説

場面ごとに見ていきます。コードはディグリーネームで表記します。

また、ノンダイアトニックコード赤字で表記します。

楽曲のキーE♭メジャーです(Cマイナーと捉えることもできます)。

イントロ

Key = E♭

Ⅵm7・ⅣM7・|Ⅴ・Ⅰ・ ×4

( 原曲のキーで見る → イントロ )

この楽曲の中心になるのが、イントロから出てくる6451という進行です。小室進行と呼ばれる、非常によく使われる進行です。

どういう楽曲が始まるか、というのがイントロで既によくわかります。

Aメロ

Key = E♭

Ⅱm7・・・|・・・・

Ⅲm7・・・|・・・・ ×3

Ⅱm7・・・|・・・・

Ⅴ・・・|・・・・

Ⅲ7・・・

( 原曲のキーで見る → A-1 A-2 )

Ⅱm7とⅢm7を繰り返す、若干緊張感を感じる進行です。大きな展開なく、ある意味単調な進行が楽曲の雰囲気や、歌詞に合っています。

最後はⅢ7からBメロに繋がります。Ⅲ7ノンダイアトニックコードで割と強烈に印象に残る為、場面の最後に使う場合はサビに繋がる使い方が多いと思います。ここではあえてBメロ前に使っているのが良いですね。

後述もしますが、個人的に欅坂46の「二人セゾン」という楽曲を思い出しました。

ガラスを割れ!/欅坂46 でコード進行を学ぶ
ガラスを割れ!/欅坂46 でコード進行を学ぶIN-TOSH(@intosh_redarrow)です。 今回は ガラスを割れ!/欅坂46 でコード進行を学んでいきます。 概要...

A-2

些細な点ではありますが、2番のAメロは4小節目にブレイクが入るという変化をつけている為、あえて表記するとN.C.が相応しいと思います。

Bメロ

Key = E♭

Ⅵm7・・・|ⅣM7・・・

Ⅴ・・・|Ⅰ・・・

Ⅱm・・・|Ⅳm・・・

Ⅰ/Ⅴ・Ⅴ・|Ⅴsus4・Ⅴ・|・・・・

( 原曲のキーで見る → B-1 B-2 )

6451の小室進行イントロでも既に登場しました。

Ⅳmはいわゆるサブドミナントマイナーで、Ⅳ→Ⅳm→Ⅰのパターンが多いですね。ここではサブドミナントⅣの代理コードⅡmが代わりに使われています。

トニック?ドミナント?それぞれの「コードの機能」とは?
トニック?ドミナント?それぞれの「コードの機能」とは?IN-TOSH(@intosh_redarrow)です。 コード進行の話で「トニック」「ドミナント」「サブドミナント」という言葉を...

先述した欅坂46「二人セゾン」も、Aメロの終わりがドミナント→意表を突いたⅢ7で、更にBメロでビートが割とハッキリとした感じに変わる&小室進行、という共通点があります。

何と言ってもⅢ7からBメロに繋がるのが強烈なので思い出してしまいますね。両楽曲とも好きです。他にもあったら教えてください。

黒い羊/欅坂46 でコード進行を学ぶ
黒い羊/欅坂46 でコード進行を学ぶIN-TOSH(@intosh_redarrow)です。 今回は 黒い羊/欅坂46 でコード進行を学んでいきます。 概要 ...

サビ

Key = E♭

Ⅵm7・ⅣM7・|Ⅴ・Ⅰ・ ×8

( 原曲のキーで見る → サビ-1 サビ-2 サビ-3 )

イントロBメロ同様小室進行です。非常に潔く、シンプルですね。歌詞やメロディがよく入ってきます。

サビ-3

ラストのサビのみ、一回し増えます。2小節の小室進行×8で16小節だったところ、2×12で24小節ですね。

スポンサーリンク






間奏

Key = E♭

N.C.・・・ ×4

Ⅰ・・・ ×3

N.C.・・・

Ⅵm7・ⅣM7・|Ⅴ・Ⅰ・ ×4

( 原曲のキーで見る → 間奏 )

2番のサビ後の間奏です。

伴奏無しの掛け声が4小節入り、その後トニックⅠと表記している部分は、ギターが薄くバッキングに入ります。1小節SEが鳴り、小室進行です。Cメロに繋がります。

Cメロ

Key = E♭

Ⅱm7・・・|・・・・

Ⅲm7・・・|Ⅲ7・・・

Ⅰ・Ⅴ7/Ⅶ・|Ⅵm7・Ⅳm

Ⅱm7・・・|Ⅴsus4・Ⅴ・

Ⅴ・・・|・・・・

( 原曲のキーで見る → C )

Ⅱm7→Ⅲm7はAメロでも登場しましたが、こちらはⅢm7からⅢ7へ進み、Ⅰから始まる進行に繋がります。オンコードでベースラインが176と順次進行で下行しています。ⅣmⅣm/♭Ⅵだとよりスムーズだったかもしれませんね。

順次進行とは?心地よく印象に残るコード進行について
「順次進行」とは?心地よく印象に残るコード進行についてIN-TOSH(@intosh_redarrow)です。 楽曲を聴いていると、「音が上にどんどん上がっていく」「どんどん下がってい...

実はこの進行が結構ポイントで、この楽曲ではトニックⅠを起点にした進行が出てきていませんでした。この部分でいきなり明るく感じる人も多いのではないでしょうか。開けた感じの進行と歌詞も非常に合っています。

E♭→B♭/D→Cm7 の開けた感じというのはQueen「ボヘミアンラプソディ」の終盤1分辺り、ギター→ピアノで上行する形のフレーズからリタルダンド、その後の部分を思い出しました。キーが同じだからですね(伝わるか分かりませんが)。

Ⅱm7→Ⅴと強進行ドミナントに繋がった後で、他のサビ前と違い2小節のキメが入ります。Bメロでは1小節でした。

このラスト2小節は熱いですね。かなり好きです。ラストのサビへの良いジャンプ台だと思います。

アウトロ

Key = E♭

Ⅵm7・Ⅲm7・|Ⅳ・・・

( 原曲のキーで見る → アウトロ )

楽曲のエンディング部分です。634の後に51と続けてドミナント終止すれば明るく終われますが、サブドミナントⅣで締め括っています。

音楽でのややこしい言葉「終止・終止形」の違いと種類
音楽でのややこしい言葉「終止・終止形」の違いと種類IN-TOSH(@intosh_redarrow)です。 日本語の文法で「終止形」という言葉を使います。未然・連用・終止・連体・仮...

サブドミナントで終わるのもよくある形ではありますが、少しふわっとした感じの印象になりますね。Ⅳ特有の浮遊感です。

最後に

今回は 大人サバイバー/ラストアイドル でコード進行を学びました。

シンプルな進行を用いた楽曲ということもあり、他の楽曲にも触れたりしてみました。ただ、随所にポイントがあり、個人的にも好みの楽曲でした。

ラストアイドルが秋元康プロデュースのグループだというのは今回初めて知りました。その範囲は底が知れないですね。

関連記事