一曲フル解説

マリーゴールド/あいみょん でコード進行を学ぶ

マリーゴールド/あいみょん でコード進行を学ぶ

IN-TOSH(@intosh_redarrow)です。

今回は マリーゴールド/あいみょん でコード進行を学んでいきます。

概要

マリーゴールド/あいみょん

作詞・作曲 : あいみょん

編曲 : 立崎優介 / 田中ユウスケ

B面 : 「あなたのために」

あいみょんのメジャー5枚目のシングル。2018年8月8日リリース。Google アプリ CMソング

総合ソングチャート【Billboard Japan Hot 100】2019年5月13日付ランキング1位

マリーゴールド/あいみょん
created by Rinker

コード譜(フル)

コード譜の下へ

Dadd9/B・・・|・・・・|・・・・

D・・・|A/C#・・・

Bm7・・・|F#m7・・・

G・D/F#・|G・A・

D・・・|A/C#・・・

Bm7・・・|A・・・

G・・・|D/F#・・・

G・・・|A・・・

D・・・|A/C#・・・

Bm7・・・|A・・・

G・・・|D/F#・・・

G・・・|D/A・A・

Bm7・・・|D/F#・・・

G・・・|A・・・

D・・・|A/C#・・・

Bm・・・|A・・A7

G・・・|D/F#・Bm・

G・・・|A・・・ ×2

D・・・|A・・・

D・・・|A/C#・・・

Bm7・・・|A・・・

G・・・|D/F#・・・

G・・・|D/A・A・

Bm7・・・|D/F#・・・

G・・・|A・・・

D・・・|A/C#・・・

Bm・・・|A・・A7

G・・・|D/F#・Bm・

G・・・|A・・・ ×2

Bm7・・・|A/C#・・・

D・・・|A・・・ ×2

D・・・|G・・・

A・・・|Bm・・・

G・・・|A・・・|・・・・

D・・・|A・・・

Bm・・・|Asus4・A・

G・・・|D/F#・Bm・

G・・・|A・・・

D・・・|A/C#・・・

Bm・・・|A・・A7

G・・・|D/F#・Bm・

G・・・|A・・・ ×2

D/F#・・・|G・・・

A・・・|Bm・・・

G・・・|A・・・

D・・・|A・・・

D・・・|A/C#・・・

Bm7・・・|F#m7・・・

G・D/F#・|G・A・

D・・・|・・・・

D・・・|・・・・

コード譜の上へ

スポンサーリンク

コード進行 分析・解説

場面ごとに見ていきます。コードはディグリーネームで表記します。

また、ノンダイアトニックコード赤字で表記します。

楽曲のキーDメジャーです。

イントロ

Key = D

Ⅰadd9/Ⅵ・・・|・・・・|・・・・

Ⅰ・・・|Ⅴ/Ⅶ・・・

Ⅵm7・・・|Ⅲm7・・・

Ⅳ・Ⅰ/Ⅲ・|Ⅳ・Ⅴ・

( 原曲のキーで見る → イントロ )

1番最初の郷愁感ある部分は、リバースを用いたサウンドになっています。トニックⅠをベースにしたコードですが、6thや9thが鳴っているのであえてⅠadd9/Ⅵという表記にしました。

トニック?ドミナント?それぞれの「コードの機能」とは?
トニック?ドミナント?それぞれの「コードの機能」とは?IN-TOSH(@intosh_redarrow)です。 コード進行の話で「トニック」「ドミナント」「サブドミナント」という言葉を...

その後はズバリ、カノン進行です。この楽曲の色を最も決めている進行で、イントロから使って印象付けています。

1点工夫があり、オンコードを使用しています。これにより、Ⅰ→Ⅴ→Ⅵm7のベースラインがⅠ→Ⅶ→Ⅵという下行する順次進行の形でスムーズに繋がります。

順次進行とは?心地よく印象に残るコード進行について
「順次進行」とは?心地よく印象に残るコード進行についてIN-TOSH(@intosh_redarrow)です。 楽曲を聴いていると、「音が上にどんどん上がっていく」「どんどん下がってい...

2拍でコードチェンジする最後の2小節も、Ⅰの部分でⅠ/Ⅲにすることで、Ⅳ→Ⅲ→Ⅳ→Ⅴと隣り合った音にベースラインが動き、滑らかに聞こえます。

Aメロ

Key = D

Ⅰ・・・|Ⅴ/Ⅶ・・・

Ⅵm7・・・|Ⅴ・・・

Ⅳ・・・|Ⅰ/Ⅲ・・・

Ⅳ・・・|Ⅴ・・・

Ⅰ・・・|Ⅴ/Ⅶ・・・

Ⅵm7・・・|Ⅴ・・・

Ⅳ・・・|Ⅰ/Ⅲ・・・

Ⅳ・・・|Ⅴsus4・Ⅴ・

( 原曲のキーで見る → A-1 A-2 )

イントロとほぼ同様の、カノン進行です。こちらは4番目のコードがドミナントⅤになっています。

また、Bメロ直前のⅤの前に、sus4を置くことで少しタメを作って、次への流れが生まれるようになっています。

A-2

2番のAメロは尺が半分で、後半8小節のみとなっています。

Bメロ

Key = D

Ⅵm7・・・|Ⅰ/Ⅲ・・・

Ⅳ・・・|Ⅴ・・・

( 原曲のキーで見る → B-1 B-2 )

4小節のみと短いBメロです。引っ張りすぎずサビに入るのが良いですね。

マイナーのコードから始まる部分がこの楽曲は少なく、少し暗めに変化を出すBメロ、という日本の楽曲らしさが出ています。

Ⅰの部分でⅠ/Ⅲとオンコードを使うことで、Ⅲ→Ⅳ→Ⅴというベースラインの上行する順次進行を経てサビへと繋げています。

サビ

Key = D

Ⅰ・・・|Ⅴ/Ⅶ・・・

Ⅵm7・・・|Ⅴ・・Ⅴ7

Ⅳ・・・|Ⅰ/Ⅲ・Ⅵm・

Ⅳ・・・|Ⅴ・・・ ×2

( 原曲のキーで見る → サビ-1 サビ-2 サビ-3 サビ-4 )

イントロAメロとほぼ同じで、カノン進行が軸になった進行です。

1番の変化点は6小節目の3拍目にコードが変わることです。Ⅵmへの変化は他の部分ではありませんでした。ほとんど同じ進行ながら実は変化をつけているのが良いですね。

4小節目4拍目のⅤ7は、あえて表記してみました。隠し味のような感じでアルペジオのフレーズで鳴っていますね。

本当にありふれた、よくある進行で名曲を作るところが、素晴らしいところです。

サビ-3

Ⅰ・・・|Ⅴ・・・

Ⅵm・・・|Ⅴsus4・Ⅴ・

Ⅳ・・・|Ⅰ/Ⅲ・Ⅵm・

Ⅳ・・・|Ⅴ・・・

ギターソロの間奏後、落ちサビに入ります。

コードを演奏しているのがアコギ1本になるためオンコードがなくなったり、4小節目をよく聴くとsus4を挟んでいたりと、細かいところで変化があります。

最初の4小節はイントロのようにリバースを用いたサウンドが目立っています。5小節目からは他のサビのようなサウンドになり、8小節目は若干ブレイクのような感じで、ラストのサビに繋がります。

間奏

Key = D

間奏-1

Ⅰ・・・|Ⅴ・・・

( 原曲のキーで見る → 間奏-1 )

間奏という程の場面ではないですが、1番のサビの後に2小節入る部分です。

トニックで落ち着いてドミナントへ進行、次のAメロトニックへ進行、というシンプルなものですね。

間奏-2

Ⅰ・・・|Ⅳ・・・

Ⅴ・・・|Ⅵm・・・

Ⅳ・・・|Ⅴ・・・|・・・・

( 原曲のキーで見る → 間奏-2 )

2番でCメロが入った後、ギターソロとなる部分です。

1456はトニックサブドミナントドミナントトニックというお手本通りの進行ですが、この楽曲では出てきませんでしたね。6145というBメロの進行の、スタートを1に変えたもの、とも見ることができるでしょうか。

最後のⅤを2小節間伸ばしているというのもポイントです。次の落ちサビまで、少し焦らしていますね。

Cメロ

Key = D

Ⅵm7・・・|Ⅴ/Ⅶ・・・

Ⅰ・・・|Ⅴ・・・ ×2

( 原曲のキーで見る → C )

2番のサビの後に入る部分はAメロともBメロとも違うため、Cメロとしました。

この楽曲では数少ないマイナーのコードから始まる進行です。ベースラインがⅥ→Ⅶ→Ⅰと順次進行で上行した後にドミナントⅤに進みます。

歌詞も相まって、少し切ないというか、儚い感じも出させている部分ですね。ここからギターソロに繋がる流れがとても良いです。

Dメロ

Key = D

Ⅰ/Ⅲ・・・|Ⅳ・・・

Ⅴ・・・|Ⅵm・・・

Ⅳ・・・|Ⅴ・・・

Ⅰ・・・|Ⅴ・・・

( 原曲のキーで見る → D )

ラストのサビ後のオーラス部分をここではDメロとしました。

間奏のギターソロの部分とよく似た進行ですね。あの部分で伏線を撒いていたのかもしれません。

1つ決定的に違うのが、Ⅰ/Ⅲから始まるという点です。この楽曲で出てきたコード進行のパターンのうち、オンコードで始まるパターンはここまで全くありませんでした。

このオンコードの独特の響きがどこか寂しげにも聞こえて、最後の最後、という感じがこのDメロに入った瞬間から感じられる作りになっていますね。Ⅲ→Ⅳ→Ⅴ→Ⅵというベースラインの順次進行の流れも綺麗です。

個人的な余談ですが、このオーラス部分の8小節目、最後の2拍間のドラムがこの楽曲で1番好きです。スネアのフラムが最高ですね。

アウトロ

Key = D

Ⅰ・・・|Ⅴ/Ⅶ・・・

Ⅵm7・・・|Ⅲm7・・・

Ⅳ・Ⅰ/Ⅲ・|Ⅳ・Ⅴ・

Ⅰ・・・|・・・・

Ⅰ・・・|・・・・

( 原曲のキーで見る → アウトロ )

オーラスのDメロが終わり、アウトロに入ります。イントロと同じパターンを持ってくる、王道の作りですね。

ただイントロと逆で、リバースを用いたサウンドを6小節の進行の後に持ってくることで、エンディングらしさを演出しています。

最後に

今回は マリーゴールド/あいみょん でコード進行を学びました。

例によってシンプルなコード進行のため、不必要なくらい細かく採譜したつもりです。この進行で名曲に仕上げたあいみょんが素晴らしいですね。簡単で、ギター弾き語りなどには本当におすすめです。

2018年8月8日リリースながら、驚くべきロングヒットで1年経った今でもYouTubeなどで数字を伸ばし続けています。

ランキングにも上位にランクインし続け、1位になったのが2019年5月13日というのも衝撃です。米津玄師のLemon にも言えますが、名曲は本当に長い間聴き続けられますね。

Lemon/米津玄師 でコード進行を学ぶ
Lemon/米津玄師 でコード進行を学ぶIN-TOSH(@intosh_redarrow)です。 今回は Lemon/米津玄師 でコード進行を学んでいきます。 概要 ...

この楽曲も収録されたアルバムも、名曲揃いでおすすめです。

関連記事