楽曲のコード進行

黒い羊/欅坂46 でコード進行を学ぶ

黒い羊/欅坂46 でコード進行を学ぶ

IN-TOSH(@intosh_redarrow)です。

今回は 黒い羊/欅坂46 でコード進行を学んでいきます。

概要

黒い羊/欅坂46

作詞 : 秋元康

作曲・編曲 : ナスカ

B面 : 「君に話しておきたいこと」(共通)

「Nobody」(Type-A)

「抱きしめてやる」(Type-B)

「ヒールの高さ」(Type-C)

「ごめんね クリスマス」(Type-D)

「否定した未来」(通常盤)

欅坂46の8枚目のシングル。2019年2月27日リリース。イオンカード『U-25 新生活キャンペーン』CMソング

総合ソングチャート【Billboard Japan Hot 100】2019年3月11日付ランキング1位

黒い羊/欅坂46
created by Rinker

コード譜(フル)

コード譜の下へ

A6(9)・Badd9・|G#m7/C#・G#m7・

A6(9)・Bsus4・|G#m7/C#・G#m7・

A6(9)・Badd9・|G#m7/C#・G#m7・

A6(9)・B・|C#m7・・・

C#m7・・・|・・・・

AM7・・・|Bsus4・・・ ×2

AM7・・・|B・・・

E・・・|G#m7・・・

A・・・|B・・・

C#m・・・|・・・・

AM7・・・|B・C#m・

A・B・|C#m7・・・

AM7・B・|C#m・G#m7・

AM7・B・|C#m・Bm7 E

A・B・|G#・C#m・

A・B・|C#m・・・

AM7・B・|C#m・G#m7・

AM7・B・|E・G#・

A・B・|G#・C#m・

A・B・|C#m7・・・

Aadd9・B・|C#m・G#m7・

Aadd9・B・|C#m・・・

C#m9・・・|・・・・

A・・・|B・・・ ×2

E・B/D#・|C#m・G#m/B・

A・E/G#・|F#m7・D#m7 G#7

C#m・G#m・|A・E・

F#m・E・|B・C#m・

A・・・|B・C#m・

A・B・|C#m7・・・

AM7・B・|C#m・G#m7・

AM7・B・|C#m・Bm7 E

A・B・|G#・C#m・

A・B・|C#m・・・

AM7・B・|C#m・G#m7・

AM7・B・|E・G#・

A・B・|G#・C#m・

A・B・|C#m7・・・

E・B/D#・|C#m・G#m/B・

A・E/G#・|F#m・D#m7 G#7

C#m・G#m/B・|A・E/G#・

F#m7・E・|(2/4) B・

E・・・|N.C.

B♭M7・C・|Dm・Am7・

B♭M7・C・|Dm・Cm7 F

B♭・C・|A・Dm・

B♭・C・|Dm・・・

B♭M7・C・|Dm・Am7・

B♭M7・C・|F・A・

B♭・C・|A・Dm・

B♭・C・|Dm7・・・ ×2

B♭・C・|F・A7・

B♭・C・|Dm・A・

B♭・C・|F・A7・

B♭・C・|F・・・

コード譜の上へ

スポンサーリンク

コード進行 分析・解説

場面ごとに見ていきます。コードはディグリーネームで表記します。

また、ノンダイアトニックコード赤字で表記します。

楽曲のキーC#マイナーDマイナーです(それぞれEメジャーFメジャーと捉えることもできます)。

イントロ

Key = C#m

♭Ⅵ6(9)・♭Ⅶadd9・|Ⅴm7/Ⅰ・Ⅴm7・

♭Ⅵ6(9)・♭Ⅶsus4・|Ⅴm7/Ⅰ・Ⅴm7・

♭Ⅵ6(9)・♭Ⅶadd9・|Ⅴm7/Ⅰ・Ⅴm7・

♭Ⅵ6(9)・♭Ⅶ・|Ⅰm7・・・

( 原曲のキーで見る → イントロ )

同主調メジャーキーでいうⅣ→Ⅴ→Ⅲmのような進行で、逆循環コードといえます。特に♭Ⅵ6(9)とⅤm7/Ⅰが独特の雰囲気を放っています。掴まれるピアノのイントロですね。

♭Ⅶのコードに関しては、聞こえる範囲で9度や4度の表記をしました。

また冒頭1~2小節間は、ピアノのみのうえに音数が少ないので、上記のコードは無理やり当てはめた感じもあります。

Aメロ

Key = C#m

A-1

Ⅰm7・・・|・・・・

♭ⅥM7・・・|♭Ⅶsus4・・・ ×2

( 原曲のキーで見る → A-1 )

4小節の進行を2回繰り返して8小節間のAメロです。

歌などが入ってきますが、特にベースの演奏が印象的です。5小節目にはメロディを伴わない「語り」のような歌詞も一瞬入ります。

進行は分かりやすく、トニック(マイナー)→サブドミナントドミナント循環コードです。同主調メジャーキーではⅥm→Ⅳ→Ⅴにあたります。順次進行ですね。

A-2

♭Ⅵadd9・♭Ⅶ・|Ⅰm・Ⅴm7・

♭Ⅵadd9・♭Ⅶ・|Ⅰm・・・

Ⅰm9・・・|・・・・

♭Ⅵ・・・|♭Ⅶ・・・ ×2

( 原曲のキーで見る → A-2 )

1番と2番で展開が全く違うのがこの楽曲の特徴の1つといえます。2番のAメロは前半4小節、後半8小節の計12小節です。1番のサビの直後に始まります。

前半4小節は、そのサビの最初と同じ進行です。ラップのような部分になります。

後半8小節は、4小節の進行を2回繰り返します。Ⅰm9の部分は1番のAメロでも登場した「語り」のような歌詞が入る部分です。

後半は進行自体は1番のAメロとほぼ同様となります。

Bメロ

Key = C#m

B-1

♭ⅥM7・・・|♭Ⅶ・・・

♭Ⅲ・・・|Ⅴm7・・・

♭Ⅵ・・・|♭Ⅶ・・・

Ⅰm・・・|・・・・

♭ⅥM7・・・|♭Ⅶ・Ⅰm・

♭Ⅵ・♭Ⅶ・|Ⅰm7・・・

( 原曲のキーで見る → B-1 )

前半8小節と後半8小節で分けられます。

前半、♭Ⅲが初めて登場することで雰囲気が変わっています。ここでストリングスも入り、和声的な広がりが一気に出ますね。

進行としてはSD→D→T→D、SD→D→T、と単純です。前半は前半でしっかりと終わった感じを出しています。

後半は場面が完全に変わり、若干早口なここまでと違ってメロディ音価がかなり長くなります。進行は既に出てきているものとほとんど同じですが、旋律的ですね。

B-2

♭Ⅲ・♭Ⅶ/Ⅱ・|Ⅰm・Ⅴm/♭Ⅶ・

♭Ⅵ・♭Ⅲ/Ⅰ・|Ⅳm7・Ⅱm7 Ⅴ7

Ⅰm・Ⅴm・|♭Ⅵ・♭Ⅲ・

Ⅳm・♭Ⅲ・|♭Ⅶ・Ⅰm・

♭Ⅵ・・・|♭Ⅶ・Ⅰm・

♭Ⅵ・♭Ⅶ・|Ⅰm7・・・

( 原曲のキーで見る → B-2 )

Aメロ同様、1番とは完全に異なります。

1番と同じで、Bメロになると和声的な広がりが出ています。というより、この部分は同主調メジャーキー(Eメジャー)と捉えていいかもしれません。

最初の4小節を書き換えると以下のようになります。

Key = E

Ⅰ・Ⅴ/Ⅶ・|Ⅵm・Ⅲm/Ⅴ・

Ⅳ・Ⅰ/Ⅲ・|Ⅱm7・Ⅶm7 Ⅲ7

カノン進行ですね。この部分が和声的で、少し明るくも感じる理由の一つです。調性の曖昧な、独特の雰囲気でBメロが進んでいきます。

Bメロ最後の4小節は1番のBメロと同じ進行で、サビに繋がっていきます。

サビ

Key = C#m (サビ-1,2) / Dm (サビ-3)

♭ⅥM7・♭Ⅶ・|Ⅰm・Ⅴm7・

♭ⅥM7・♭Ⅶ・|Ⅰm・♭Ⅶm7 ♭Ⅲ

♭Ⅵ・♭Ⅶ・|・Ⅰm・

♭Ⅵ・♭Ⅶ・|Ⅰm・・・

♭ⅥM7・♭Ⅶ・|Ⅰm・Ⅴm7・

♭ⅥM7・♭Ⅶ・|♭Ⅲ・

♭Ⅵ・♭Ⅶ・|・Ⅰm・

♭Ⅵ・♭Ⅶ・|Ⅰm7・・・

( 原曲のキーで見る → サビ-1 サビ-2 サビ-3 )

ここまででも何度か登場している、♭Ⅵ→♭Ⅶ→Ⅰmを軸にした進行です。前半8小節と後半8小節でほとんど同じ進行になります。

♭Ⅵ→♭Ⅶ→→Ⅰmの進行はメジャーキーでいう4536の3がメジャーになったもので、いわゆる「王道進行」の変化形と考えられます。

また、前半8小節と後半8小節の違いは、4小節目と12小節目です。

4小節目は♭Ⅶm7→♭Ⅲというノンダイアトニックコードを含む進行ですが、その先の♭Ⅵから見るとツーファイブ(ワン)の素直な形です。♭Ⅶm同主調メジャーキーでいうドミナントマイナーですね。

一方12小節目は♭Ⅲ→となっています。その先の♭Ⅳまで含めると、進行中に♭Ⅶ→Ⅶ→Ⅰという半音のラインが見えてきます。印象に残る進行です。

サビ-3

3回目、最後のサビは半音上に転調してDマイナーになります。さらに、後半8小節の進行をもう一度繰り返し、アウトロに繋がります。

スポンサーリンク






間奏

Key = C#m

♭Ⅲ・♭Ⅶ/Ⅱ・|Ⅰm・Ⅴm/♭Ⅶ・

♭Ⅵ・♭Ⅲ/Ⅴ・|Ⅳm・Ⅱm7 Ⅴ7

Ⅰm・Ⅴm/♭Ⅶ・|♭Ⅵ・♭Ⅲ/Ⅴ・

Ⅳm7・♭Ⅲ・|(2/4) ♭Ⅶ・

♭Ⅲ・・・|N.C.

( 原曲のキーで見る → 間奏 )

2番のサビが終わった後の間奏です。2番のBメロとほとんど同じ、メジャーキーとも捉えられる進行です。

ベースラインが♭Ⅲ→Ⅱ→Ⅰ→♭Ⅶ→Ⅵ→Ⅴ→Ⅳ、5小節目からはⅠ→♭Ⅶ→♭Ⅵ→Ⅴ→Ⅳ→♭Ⅲ、と順次進行していてよりスムーズな進行に感じられます。

♭Ⅲで終わっていますが、同主調のメジャーキーのⅠです。その後N.C.の間が入り、転調した最後のサビに繋がります。

アウトロ

Key = Dm

♭Ⅵ・♭Ⅶ・|♭Ⅲ・Ⅴ7

♭Ⅵ・♭Ⅶ・|Ⅰm・

♭Ⅵ・♭Ⅶ・|♭Ⅲ・Ⅴ7

♭Ⅵ・♭Ⅶ・|♭Ⅲ・・・

( 原曲のキーで見る → アウトロ )

最後のサビの後なので、キーDマイナーです。

Bメロ同様、同主調メジャーキー(Fメジャー)と捉えられます。最後も明るく終わっているようにも聞こえますね。書き換えると以下の通り。

Key = F

Ⅳ・Ⅴ・|Ⅰ・Ⅲ7

Ⅳ・Ⅴ・|Ⅵm・

Ⅳ・Ⅴ・|Ⅰ・Ⅲ7

Ⅳ・Ⅴ・|Ⅰ・・・

こちらの表記の方がしっくりくるかもしれません。SD→D→Tと、ノンダイアトニックコードであるを組み合わせた進行です。

メジャーキートニックで楽曲が終わっています。

最後に

今回は 黒い羊/欅坂46 でコード進行を学びました。

2番が単純な繰り返しではないこともあって、中々なボリュームでした。採譜に怪しいところも多少あるかもしれません。

ガラスを割れ!でも感じましたが、欅坂46は「王道アイドル」とは少し違う独自の路線を進んでいきますね。ロッキンに出演しているイメージが強いです。

これからもこのような方向で突き進んでいくのか、今後も期待です。

関連記事