一曲フル解説

こんなに好きになっちゃっていいの?/日向坂46 でコード進行を学ぶ

こんなに好きになっちゃっていいの?/日向坂46 でコード進行を学ぶ

IN-TOSH(@intosh_redarrow)です。

今回は こんなに好きになっちゃっていいの?/日向坂46 でコード進行を学んでいきます。

概要

こんなに好きになっちゃっていいの?/日向坂46

作詞 : 秋元康

作曲 : 前迫潤哉 / 7th Avenue

編曲 :

B面 : 「ホントの時間」(共通)

まさか 偶然…」(Type-A)

一番好きだとみんなに言っていた小説のタイトルを思い出せない」(Type-B)

ママのドレス」(Type-C)

「川は流れる」(通常盤)

日向坂46の3枚目のシングル。2019年10月2日リリース予定。

こんなに好きになっちゃっていいの?/日向坂46
created by Rinker

コード譜(フル)

コード譜の下へ

B♭M7・・・|C/B♭・・・

Am7・・・|Dm7・・・ ×2

B♭M7・・・|C6/B♭・・・

Am7・・・|Dm7・F/C・

Gm9・・・|C6・・・

A7・A7/C#・|Dm7・F/C・

F/A・・・|B♭・・・

C・・・|Dm7・・・ ×2

Gm7・・・|C・・・

Am7・・・|D・・・

E♭M7・・・|B♭/D・・・

Em7-5・・・|A・・・

A・・・

B♭M7・・・|C6/B♭・・・

Am7・・・|Dm7・F/C・

Gm9・・・|C6・・・

A7・・・|Dm7・E♭M7・

B♭M7・・・|C6・・・

A7・A7/C#・|Dm7・F/C・

Bm-5・B♭・|Am7・Dm7・

E♭・・・|C・・・

B♭M7・・・|C/B♭・・・

Am7・・・|Dm7・・・

F/A・・・|B♭・・・

C・・・|Dm7・・・ ×2

Gm7・・・|C・・・

Am7・・・|D・・・

E♭M7・・・|B♭/D・・・

Em7-5・・・|A・・・

A・・・

B♭M7・・・|C6/B♭・・・

Am7・・・|Dm7・F/C・

Gm9・・・|C6・・・

A7・・・|Dm7・E♭M7・

B♭M7・・・|C6・・・

A7・A7/C#・|Dm7・F/C・

Bm-5・B♭・|Am7・Dm7・

E♭・・・|C・・・

B♭M7・・・|C/B♭・・・

Am7・・・|Dm7・F/C・

Gm7・・・|C・・・

A7・・・|Dm7・F/C・

Dm7・・・|B♭M7・・・

Am7・・・|D・・・

E♭M7・・・|B♭/D・・・

Em7-5・・・|A・・・

A・・・|N.C.・・・

B♭M7・・・|C6/B♭・・・

Am7・・・|Dm7・F/C・

Gm9・・・|C6・・・

A7・・・|Dm7・E♭M7・

B♭M7・・・|C6・・・

A7・A7/C#・|Dm7・F/C・

Bm-5・B♭・|Am7・Dm7・

E♭・・・|C・・・

B♭M7・・・|C/B♭・・・

Am7・・・|Dm7・F/C・

Gm7・・・|C・・・

A7・A7/C#・|Dm7・F/C・|・・

B♭M7・・・|C/B♭・・・ ×2

コード譜の上へ

スポンサーリンク

コード進行 分析・解説

場面ごとに見ていきます。コードはディグリーネームで表記します。

また、ノンダイアトニックコード赤字で表記します。

楽曲のキーFメジャーです(Dマイナーと捉えることもできます)。

イントロ

Key = F

ⅣM7・・・|Ⅴ/Ⅳ・・・

Ⅲm7・・・|Ⅵm7・・・ ×2

( 原曲のキーで見る → イントロ )

ⅤをオンコードでⅤ/Ⅳにしたタイプの王道進行です。ベースのⅣを2小節引っ張ることで独特の響きを作り出し、Ⅲm7への繋がりも滑らかに聞こえると思います。

HANABI/Mr.Children のサビなどでも使われる進行ですね。

1周目はピアノがメイン、ベルやアコギが加わって2周目に入り、ストリングスやリズムセクション、SE(サウンドエフェクト)で盛り上げて頭サビへ続きます。

サビ

Key = F

サビ-1

ⅣM7・・・|Ⅴ6/Ⅳ・・・

Ⅲm7・・・|Ⅵm7・Ⅰ/Ⅴ・

Ⅱm9・・・|Ⅴ6・・・

Ⅲ7Ⅲ7/#Ⅴ・|Ⅵm7・Ⅰ/Ⅴ・

( 原曲のキーで見る → サビ-1 )

イントロ後のいわゆる「頭サビ」の部分です。尺が半分になっています。

基本的な形は後から出てくるサビと同様で、進行としてはイントロ同様のオンコードを用いた王道進行です。2周目はⅣM7の代理コードでⅡm9が使われます。

ただ、Ⅲ7Ⅲ7/#Ⅴ→Ⅵm7→Ⅰ/Ⅴの進行でサビの場面が終わるのはこの頭サビのみで、特徴的です。

他のサビの部分ではここから展開していくところを、あえてAメロにそのまま繋げているという一工夫に見えます。Ⅰ/ⅤからAメロのⅠ/Ⅲに繋がるのは少し不思議な感じもするかもしれません。

個人的に1番のポイントはⅢ7/#Ⅴの部分で、メロディがあえてぶつかるⅤの音になるところです。J-POPでたまに使われる、メジャーコードb3rd(短3度)のメロディを当てる手法ですね。非常に印象的です。

Ⅴ6(C6)の6thやⅡm9(Gm9)の9thは歌メロディから表記しただけなので、演奏等ではそれぞれⅤ(C)、Ⅱm7(Gm7)で良いでしょう。この先も同様です。

サビ-2,3,4

ⅣM7・・・|Ⅴ6/Ⅳ・・・

Ⅲm7・・・|Ⅵm7・Ⅰ/Ⅴ・

Ⅱm9・・・|Ⅴ6・・・

Ⅲ7・・・|Ⅵm7・♭ⅦM7

ⅣM7・・・|Ⅴ6・・・

Ⅲ7Ⅲ7/#Ⅴ・|Ⅵm7・Ⅰ/Ⅴ・

#Ⅳm-5・Ⅳ・|Ⅲm7・Ⅵm7・

♭Ⅶ・・・|Ⅴ・・・

( 原曲のキーで見る → サビ-2 サビ-3 サビ-4 )

頭サビ以外のサビは倍の長さとなっています。

変化した点としてまず挙がるのは、8小節目の♭ⅦM7でしょうか。頭サビではⅠ/ⅤからAメロに繋がりましたが、こちらでは2周目の直前にこのコードが挟まれます。

Ⅵm7から突然半音上のメジャーコードに進行することでハッとさせるような効果を出しています。

♭Ⅶメジャーコード自体はノンダイアトニックコードの中では使われる方で、15小節目にも登場します。こちらはサブドミナントのような効果で分かり易く、このようにドミナントⅤに繋がる使い方が多いでしょうか。

トニック?ドミナント?それぞれの「コードの機能」とは?
トニック?ドミナント?それぞれの「コードの機能」とは?IN-TOSH(@intosh_redarrow)です。 コード進行の話で「トニック」「ドミナント」「サブドミナント」という言葉を...

続いて13小節目の#Ⅳm-5です。このコードはⅣと構成音が1音(根音)しか違わないコードです。その為Ⅳへ繋がることが多く、直前に挟むと特徴的なスパイスになるものです。

Ⅳから始まる進行は多いため、その際にこのようなコードを使うとマンネリにならず、聞いていて楽曲の響きも豊かになりますね。

Aメロ

Key = F

Ⅰ/Ⅲ・・・|Ⅳ・・・

Ⅴ・・・|Ⅵm7・・・ ×2

( 原曲のキーで見る → A-1 A-2 )

Aメロの始まるコードにも色々ありますが、あえてオンコードであるⅠ/Ⅲから始めています。純粋なトニックらしさではなく、少し浮いた感じに聞こえると思います。

Ⅳへのつながりもスムーズですね。よく見るとこのオンコードのおかげでベースラインがⅢ→Ⅳ→Ⅴ→Ⅵと上行する順次進行の形になっているのが分かると思います。

順次進行とは?心地よく印象に残るコード進行について
「順次進行」とは?心地よく印象に残るコード進行についてIN-TOSH(@intosh_redarrow)です。 楽曲を聴いていると、「音が上にどんどん上がっていく」「どんどん下がってい...

Bメロ

Key = F

Ⅱm7・・・|Ⅴ・・・

Ⅲm7・・・|・・・

♭ⅦM7・・・|Ⅳ/Ⅵ・・・

Ⅶm7-5・・・|・・・

・・・

( 原曲のキーで見る → B-1 B-2 )

この部分もベースとなっているのは4536の王道進行です。ⅣではなくⅡm7からスタートし、Ⅵmの部分ではを使うという発展した形ですね。

ポイントは(D)の部分で、メロディが一瞬Ⅳ(B♭)の音をぶつけてくることでしょう。のコードから見るとⅣの音は増5度(ソ#)で、いわゆるドミソのソと半音でぶつかります。

この一瞬の半音の隔たりが、何とも言えない切ない感じを演出します。更にその後♭ⅦM7、Ⅳ/Ⅵへ進行するときもメロディはⅣの音をあててきていて、メロディの鍵となる音となっていると思います。

Ⅶm7-5はダイアトニックコードながら中々使われないコードでもあり、Ⅶm7-5→からⅥmに繋がる、マイナーにおけるツーファイブ(ワン)の形が多いです。

ここではⅣ/Ⅵから、次のサビへと期待感を出すへと上手く誘導しています。

間奏

Key = F

間奏-1

ⅣM7・・・|Ⅴ/Ⅳ・・・

Ⅲm7・・・|Ⅵm7・・・

( 原曲のキーで見る → 間奏-1 )

1番のサビの後の間奏で、イントロと同様の進行です。

しっとりとした雰囲気ながら、アコギ、シンセ、ベル、SEなど様々な音が鳴っていますね。

間奏-2

ⅣM7・・・|Ⅴ/Ⅳ・・・

Ⅲm7・・・|Ⅵm7・Ⅰ/Ⅴ・

Ⅱm7・・・|Ⅴ・・・

Ⅲ7・・・|Ⅵm7・Ⅰ/Ⅴ・

( 原曲のキーで見る → 間奏-2 )

2番のサビの後の間奏です。こちらはイントロというよりはサビに近い進行で、頭サビの進行とほとんど同じものです。

ストリングスによる旋律が楽曲の雰囲気と非常にマッチしています。

Cメロ

Key = F

Ⅵm7・・・|ⅣM7・・・

Ⅲm7・・・|・・・

♭ⅦM7・・・|Ⅳ/Ⅵ・・・

Ⅶm7-5・・・|・・・

・・・|N.C.・・・

( 原曲のキーで見る → C )

ラストのサビ前の部分です。Bメロの進行から最初2小節間のコードを変えたもので、途中からはメロディも含めBメロと同じような展開になります。

最初3拍半も歌が入ってこないのが少し変わっていますね。焦らされる分、耳の注意が次のメロディに必然的に向いてしまうようになっています。

アウトロ

Key = F

ⅣM7・・・|Ⅴ/Ⅳ・・・

Ⅲm7・・・|Ⅵm7・Ⅰ/Ⅴ・

Ⅱm7・・・|Ⅴ・・・

Ⅲ7Ⅲ7/#Ⅴ・|Ⅵm7・Ⅰ/Ⅴ・|・・

ⅣM7・・・|Ⅴ/Ⅳ・・・ ×2

( 原曲のキーで見る → アウトロ )

サビや2番後の間奏と同様の進行の後に2拍の間が入って場面が切り替わり、4小節のオルゴールでエンディングとなります。

ⅣM7→Ⅴ/Ⅳの進行はこの楽曲の要でもあり、これを最後に持ってくることに加え、オルゴールの音を使うということで、秋や冬といった季節感をも出していますね。

最後に

今回は こんなに好きになっちゃっていいの?/日向坂46 でコード進行を学びました。

楽曲が解禁した日に取り上げるのは初めてで、楽しかったです。今のところ情報はラジオで公開された音源のみなので、MVの公開が楽しみです。

急いで帰宅して自分でラジオを録音して、何回も聞き直すというのは初めての経験でした。

日向坂46としては、1作目「キュン」、2作目「ドレミソラシド」とアップテンポな明るい楽曲を続けてきたところに3作目としてこの楽曲が入り、グループの幅が広がりそうです。

これからの秋、冬に合いそうな楽曲ですね。

キュン/日向坂46 でコード進行を学ぶ
キュン/日向坂46 でコード進行を学ぶIN-TOSH(@intosh_redarrow)です。 今回は キュン/日向坂46 でコード進行を学んでいきます。 概要 ...
ドレミソラシド/日向坂46 でコード進行を学ぶ
ドレミソラシド/日向坂46 でコード進行を学ぶIN-TOSH(@intosh_redarrow)です。 今回は ドレミソラシド/日向坂46 でコード進行を学んでいきます。 概...

個人的には、現日向坂46メンバーだけでなく、先日卒業された柿崎芽実さんも非常に似合いそうな楽曲だと思いました。歌詞もどこか彼女を思わせる様なフレーズが出てきている気がしてなりません。

楽曲名のみを知った時はどのようになるかと思っていましたが、聞けば聞くほど、深く進行を見てみるほど、素晴らしい楽曲だと思います。

今後も期待しています。

関連記事