一曲フル解説

koi-wazurai/King & Prince でコード進行を学ぶ

koi-wazurai/King & Prince でコード進行を学ぶ

IN-TOSH(@intosh_redarrow)です。

今回は koi-wazurai/King & Prince でコード進行を学んでいきます。

概要

koi-wazurai/King & Prince

作詞・作曲 : 栗原暁 / 前田佑

編曲 : ha-j / 前田佑 / 栗原暁

B面 : 「君は、綺麗だ。」

「Oh My Girl」(通常盤)

「STEAL YOUR NIGHT」(初回限定盤A)

「Smiling Forever」(初回限定盤B)

King & Princeの4枚目のシングル。2019年8月28日リリース。実写版映画『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』主題歌「Yahoo!検索」CMソング「Yahoo!きせかえ」CMソング

総合ソングチャート【Billboard Japan Hot 100】2019年9月9日付ランキング1位

koi-wazurai/King & Prince
created by Rinker

コード譜(フル)

コード譜の下へ

Esus4/B・・・|・・N.C.

D/F#・・・|GM7・・・

A・・・|Bm・・・

Em・・・|B/D#・・・

G/D・・・|A/C#・・・

D・・・

D/F#・・・|GM7・・・

A・・・|Bm Bm/C# Bm/D Bm

D/F#・・・|GM7・・・

Em・D/F# Gm|・・・・

A7sus4・・・

Bm7・・・|GM7・・・

A7sus4・・・|D・・・

Bm7・・・|GM7・・・

Em7・・・|A7sus4・・・

Bm7・・・|GM7・・・

A7sus4・・・|D・・・

D/F#・・・|GM7・・・

Asus4・・・|D・・・

Em7・・・|D/F#・・・

GM7・・・|D・・・

Em7・・・|D/F#・・・

Gm・・・|N.C.・・・

D/F#・・・|GM7・・・

A・・・|Bm Bm/C# Bm/D Bm/F#

Em・・・|B/D#・・・

G/D・・・|A/C#・・・

D・・・|F#/C#・・・

Am/C・・・|B・・・

Em・D/F# G|・・・・

G・A B♭|・・C・

D/F#・・・|GM7・・・

Em・D/F# Gm|・・・・

Bm7・・・|GM7・・・

A7sus4・・・|D・・・

Bm7・・・|GM7・・・

Em7・・・|A7sus4・・・

Bm7・・・|GM7・・・

A7sus4・・・|D・・・

D/F#・・・|GM7・・・

Asus4・・・|D・・・

Em7・・・|D/F#・・・

GM7・・・|D・・・

Em7・・・|D/F#・・・

Gm・・・|N.C.・・・

D/F#・・・|GM7・・・

A・・・|Bm Bm/C# Bm/D Bm/F#

Em・・・|B/D#・・・

G/D・・・|A/C#・・・

D・・・|F#/C#・・・

Am/C・・・|B・・・

Em・D/F# G|・・・・

G・A B♭|・・C・

D・・GM7|・・・・

GM7・・A6|・・・・

Bm7・D/F# GM9|・・・・

GM7・Bm7 Asus4|・・・・

Bm7・D/F# GM9|・・・・

A/B・・B|・・Am B♭aug/A♭

GM7・・・|F#m・・・

Em・・・|F#m・・D7/F#

GM7・・・|F#m・・・

Gm・・・|A7sus4・・・

N.C.・・・

N.C.・・・|・・・・

Em-5・D/A・|E♭/B♭・A7sus4・

D/F#・・・|GM7・・・

A・・・|Bm Bm/C# Bm/D Bm/F#

Em・・・|B/D#・・・

G/D・・・|A/C#・・・

D・・・|F#/C#・・・

Am/C・・・|B・・・

Em・D/F# G|・・・・

G・A B♭|・・C・

D/F#・・・|GM7・・・

A・・・|Bm Bm/C# Bm/D Bm

G6・・・|F#m7・・・

F6・・・|Em7・G・

F#/B・・・

コード譜の上へ

スポンサーリンク

コード進行 分析・解説

場面ごとに見ていきます。コードはディグリーネームで表記します。

また、ノンダイアトニックコード赤字で表記します。

楽曲のキーDメジャーです。

イントロ

Key = D

Ⅱsus4/Ⅵ・・・|・・N.C.

( 原曲のキーで見る → イントロ )

2小節のみのイントロですが、ベル音ではないシンセ音の方をコード表記してみました。

下行していくベル音の方は、実音で「レ ド# ラ ソ ファ# レ ラ」ですね。コードならⅠかⅠ/Ⅴでしょうか。

サビ

Key = D

Ⅰ/Ⅲ・・・|ⅣM7・・・

Ⅴ・・・|Ⅵm Ⅵm/Ⅶ Ⅵm/Ⅰ Ⅵm/Ⅲ

Ⅱm・・・|Ⅵ/#Ⅰ・・・

Ⅳ/Ⅰ・・・|Ⅴ/Ⅶ・・・

Ⅰ・・・|Ⅲ/Ⅶ・・・

Ⅴm/♭Ⅶ・・・|・・・

Ⅱm・Ⅰ/Ⅲ Ⅳ|・・・・

Ⅳ・Ⅴ ♭Ⅵ|・・♭Ⅶ

( 原曲のキーで見る → サビ-0 サビ-1 サビ-2 サビ-3 )

頭サビは最初の9小節の進行を持ってきて、半分の長さです。

最初のⅠからそうですが、オンコードが多用されています。ハッキリしたコード感よりも、お洒落な感じが出ているように聴こえますね。1つめのコードから使っているのは特徴的なポイントです。

加えて、ベースラインが隣接する音に移動する順次進行の形が非常に多くなり、スムーズな進行に聞こえると思います。

順次進行とは?心地よく印象に残るコード進行について
「順次進行」とは?心地よく印象に残るコード進行についてIN-TOSH(@intosh_redarrow)です。 楽曲を聴いていると、「音が上にどんどん上がっていく」「どんどん下がってい...

頭サビ以外は9小節目から2周目に入りますが、コードの変化が注目ポイントです。

最初のⅠの次からは怒涛のノンダイアトニックコードで、非常に強いインパクトを与えるうえにベースは半音ずつ下がるという進行です。音の使い方がたまらないですね。

Ⅱmからはキメのリズムを伴いながら、よく見るとどんどんコードが上行していくのが分かると思います。サビを最後まで盛り上げる順次進行です。

ノンダイアトニックコード♭Ⅵ♭Ⅶは、♭Ⅵ♭Ⅶ→Ⅰと使うのが定番です。特有の明るさを感じられます。次の間奏部分のⅠに繋がっていますね。

間奏

Key = D

間奏-1

Ⅰ/Ⅲ・・・|ⅣM7・・・

Ⅴ・・・|Ⅵm Ⅵm/Ⅶ Ⅵm/Ⅰ Ⅵm

Ⅰ/Ⅲ・・・|ⅣM7・・・

Ⅱm・Ⅰ/Ⅲ Ⅳm|・・・・

Ⅴ7sus4・・・

( 原曲のキーで見る → 間奏-1 )

サビの後、1番のAメロに続く間奏です。

サビをモチーフにした進行で、最初の部分はサビ冒頭、Ⅱmからの部分は最後の方に出てくる進行をサブドミナントマイナーを取り入れて若干変えた形です。

トニック?ドミナント?それぞれの「コードの機能」とは?
トニック?ドミナント?それぞれの「コードの機能」とは?IN-TOSH(@intosh_redarrow)です。 コード進行の話で「トニック」「ドミナント」「サブドミナント」という言葉を...

シンプルなⅣ→ⅤよりもⅣm→Ⅴにすることによって、次への期待感がある進行です。

間奏-2

Ⅰ/Ⅲ・・・|ⅣM7・・・

Ⅱm・Ⅰ/Ⅲ Ⅳm|・・・・

( 原曲のキーで見る → 間奏-2 )

1番のサビ後の間奏です。上記の間奏を切り取った形になっています。

間奏-3

Ⅰ・・ⅣM7|・・・・

ⅣM7・・Ⅴ6|・・・・

Ⅵm7・Ⅰ/Ⅲ ⅣM9|・・・・

ⅣM7・Ⅵm7 Ⅴsus4|・・・・

Ⅵm7・Ⅰ/Ⅲ ⅣM9|・・・・

Ⅴ/Ⅵ・・|・・Ⅴm ♭Ⅵaug/♭Ⅴ

( 原曲のキーで見る → 間奏-3 )

2番のサビの後、Cメロに繋がる間奏です。ストリングスの旋律が印象的ですね。

全体的に6thや7thや9th、sus4など、豊かな響きのコードが使われますが、ポイントとなるのは最後の2小節です。

5小節目からⅥmが中心になっているため、実質的には平行調短調のような聴こえ方になっています。このマイナーキーを、というメジャーキーのコードで一旦締めているのが最後の2小節です。

短調の楽曲がⅠmではなくⅠで終止することを「ピカルディの三度」と呼びますが、ここはそのような要素がありますね。Ⅴ/Ⅵはオンコードで、機能としてはⅥsus4のような感じでに繋げています。

音楽でのややこしい言葉「終止・終止形」の違いと種類
音楽でのややこしい言葉「終止・終止形」の違いと種類IN-TOSH(@intosh_redarrow)です。 日本語の文法で「終止形」という言葉を使います。未然・連用・終止・連体・仮...

最後の2拍が秀逸で、続くCメロ頭のⅣM7に非常に上手く繋がっています。ベースラインがⅤ→♭Ⅴ(→Ⅳ)となっているのがスムーズです。

♭Ⅵaug/♭Ⅴについて理論的に説明できないのは勉強不足です…。経過音的な感じですね。そもそも採譜が合っていればですが。

Aメロ

Key = D

Ⅵm7・・・|ⅣM7・・・

Ⅴ7sus4・・・|Ⅰ・・・

Ⅵm7・・・|ⅣM7・・・

Ⅱm7・・・|Ⅴ7sus4・・・

Ⅵm7・・・|ⅣM7・・・

Ⅴ7sus4・・・|Ⅰ・・・

Ⅰ/Ⅲ・・・|ⅣM7・・・

Ⅴsus4・・・|Ⅰ・・・

( 原曲のキーで見る → A-1 A-2 )

6451を軸にした進行です。平行調短調を感じさせる、定番の進行ですね。

ドミナントⅤの響きをハッキリ使わずsus4にするのはよく使われる手法です。Ⅴより少しふわっとした感じになりますね。

Ⅰ/ⅢはⅢmに近いコードで、少しコード感に変化をつけています。サビ間奏でも頭で使って印象付けていますね。ここからⅣ→Ⅴと上行してトニックⅠにドミナント終止です。

Bメロ

Key = D

Ⅱm7・・・|Ⅰ/Ⅲ・・・

ⅣM7・・・|Ⅰ・・・

Ⅱm7・・・|Ⅰ/Ⅲ・・・

Ⅳm・・・|N.C.・・・

( 原曲のキーで見る → B-1 B-2 )

234という上行する順次進行の形、の変化形です。Aメロ同様、ⅢmではなくⅠ/Ⅲですね。

間奏でも登場したサブドミナントマイナーを取り入れています。更にここではビートを4分→8分と盛り上げてから一旦ブレイクすることでサビへの期待感を高めていますね。

Cメロ

Key = D

ⅣM7・・・|Ⅲm・・・

Ⅱm・・・|Ⅲm・・Ⅰ7/Ⅲ

ⅣM7・・・|Ⅲm・・・

Ⅳm・・・|Ⅴ7sus4・・・

N.C.・・・

N.C.・・・|・・・・

Ⅱm-5・Ⅰ/Ⅴ・|♭Ⅱ/♭Ⅵ・Ⅴ7sus4・

( 原曲のキーで見る → C )

最初は4323と、機能的にはSD→T→SD→Tという進行です。Ⅰ7/Ⅲ♭Ⅶの音を含むノンダイアトニックコードで、一瞬のアクセントになっています。

次のⅣM7から見たドミナントなので、セカンダリードミナントからのドミナントモーションでⅣM7に繋がることになりますね。

間奏Bメロ同様サブドミナントマイナーを使い、他の部分と同様ブレイクを挟んだらサビに突入するかと思いきやそれはフェイクで、2小節間で更に盛り上げます。

最後の2小節は間奏と同じように上手く解説できない部分ですね…。ちなみに、この部分は割と無理矢理表記をしています。

アウトロ

Key = D

Ⅰ/Ⅲ・・・|ⅣM7・・・

Ⅴ・・・|Ⅵm Ⅵm/Ⅶ Ⅵm/Ⅰ Ⅵm

Ⅳ6・・・|Ⅲm7・・・

♭Ⅲ6・・・|Ⅱm7・Ⅳ・

Ⅲ/Ⅵ・・・

( 原曲のキーで見る → アウトロ )

最初の4小節はサビ間奏と同じような感じですが、5小節目で流れが変わります。ビート感が弱まり、アコギやピアノが目立つ、エンディングらしい雰囲気になっています。

コード進行も同様で、突然Ⅳ6を持ってくることで浮遊感を感じさせます。

ⅢmとⅡmの間に♭Ⅲを挟むことでハッとさせるような効果を出し、Ⅳ→Ⅲ→♭Ⅲ→Ⅱ→Ⅰという綺麗な流れと見せかけ、Ⅲ/Ⅵというコードで終わります。

構成音的にはテンションコードという感じですね。いい意味で聴いている側を裏切るエンディングになっています。

最後に

今回は koi-wazurai/King & Prince でコード進行を学びました。

このグループは割と手の込んだ楽曲が多い印象があります。コード進行を見て複雑な部分もあり、クオリティも素晴らしいと思っています。他の楽曲でも感じました。

君を待ってる/King & Prince でコード進行を学ぶ
君を待ってる/King & Prince でコード進行を学ぶIN-TOSH(@intosh_redarrow)です。 今回は 君を待ってる/King & Prince でコード進行を...

2019年現在ではジャニーズで最も若手のグループで、過去のジャニーズのグループ全てを踏まえて売り出すことが出来るという部分が、良い意味でとても感じられる気がします。

今後の作品も期待です。

関連記事