楽曲分析・感想

君のため何ができるだろう/日向坂46 のコード進行と分析

君のため何ができるだろう/日向坂46 のコード進行と分析

IN-TOSH(@intosh_redarrow)です。

今回は 君のため何ができるだろう/日向坂46 を採譜して、コード譜を作成しました。コード進行の一言分析も併せて紹介します。

概要

君のため何ができるだろう/日向坂46

作詞 : 秋元康

作曲・編曲 : 田靡達也 / 中山聡

A面 : 「ソンナコトナイヨ

B面 : 「青春の馬」(共通)

「好きということは…」(TYPE-A)

「窓を開けなくても」(TYPE-B)

「ナゼー」(TYPE-C)

日向坂46の4枚目のシングル「ソンナコトナイヨ」通常盤収録。2020年2月19日リリース。

コード譜(フル)

コード譜の下へ

  • イントロ

N.C. ×2

E♭add9・・E♭add9/G|・・・・

A♭M9・・E♭add9|・・B♭/D・

Cm7・・E♭add9/G|・・・・

A♭M7・B♭7sus4 E♭|・・・・

  • A-1

E♭add9・・E♭add9/G|・・・・

A♭・・E♭add9|・・B♭/D・

Cm7・・E♭add9/G|・・・・

A♭・B♭7sus4 E♭|・・・・ ×2

  • B-1

Cm・・Gm7|・・・・

A♭・・E♭|・・・・

Fm7・・E♭/G|・・・・

A♭M7・・D♭M7|・・・・

B♭sus4・・・|・・・・

C7sus4・・・|C・・・

  • サビ-1

F・・・|B♭/F・・・

C7/E・・・|F・・C7/E

B♭M7・・Am7|Gm7・・・

Csus4・・・|C・・C7

F・・・|B♭/F・・・

C7/E・・・|F・・C7/E

B♭M7・・Am7|Gm7・・・

Csus4・・・|C・F/C C9

B♭・C7 F|・・・・

B♭・C7 Dm7|・・・・

B♭・C7 F|・・・・ ×2

  • 間奏

E♭add9・・E♭add9/G|・・・・

A♭M9・・E♭add9|・・B♭/D・

Cm7・・E♭add9/G|・・・・

A♭M7・B♭7sus4 E♭|・・・・

  • A-2

E♭add9・・E♭add9/G|・・・・

A♭・・E♭add9|・・B♭/D・

Cm7・・E♭add9/G|・・・・

A♭・B♭7sus4 E♭|・・・・ ×2

  • B-2

Cm・・Gm7|・・・・

A♭・・E♭|・・・・

Fm7・・E♭/G|・・・・

A♭M7・・D♭M7|・・・・

B♭sus4・・・|・・・・

C7sus4・・・|C N.C.・・

  • サビ-2

F・・・|B♭/F・・・

C7/E・・・|F・・C7/E

B♭M7・・Am7|Gm7・・・

Csus4・・・|C・・C7

F・・・|B♭/F・・・

C7/E・・・|F・・C7/E

B♭M7・・Am7|Gm7・・・

Csus4・・・|C・F/C C9

B♭・C7 F|・・・・

B♭・C7 Dm7|・・・・

B♭・C7 F|・・・・ ×2

  • サビ-3

F・・・|B♭/F・・・

C/E・・・|F・・C/E

Dm・・C|B♭M7・・・

Csus4・・・|C・・・

C#sus4・・C#

  • サビ-4

F#・・・|B/F#・・・

C#7/F・・・|F#・・C#7/F

BM7・・A#m7|G#m7・・・

C#sus4・・・|C#・・C#7

F#・・・|B/F#・・・

C#7/F・・・|F#・・C#7/F

BM7・・A#m7|G#m7・・・

C#sus4・・・|C#・F#/C# C#9

B・C#7 F#|・・・・

B・C#7 D#m7|・・・・

B・C#7 F#|・・・・ ×2

  • アウトロ

F#・・・|B/F#・・・

C#7/F・・・|F#・・C#7/F

BM7・・・|G#m7・・・

C#sus4・・・|C#・F#/C# C#9

BM7・A#m7・|G#m7・F#・

BM7・A#m7・|G#m7・C#7sus4・

F# F#M7・・・

コード譜の上へ

スポンサーリンク

コード進行 分析・解説

楽曲のキーE♭メジャーFメジャーF#メジャーです。

前奏からAメロ、また間奏から2番のAメロに関して、7thや9thの響きを多く取り入れていて、音の重なりやぶつかりが耳にアクセントとなっています。はっきりしたコードより少しふわっとした感じもあって、他の部分と差別化されていると感じました。

Bメロの前半までの特徴として、4拍目でのコードチェンジが挙げられます。2小節単位で見ると、1小節目のコードが4拍目には変わって、2小節目はそのままです。2小節目の頭にコードが変わらないというのが、楽曲を印象付ける一つのポイントになっていますね。

逆にBメロ終わり4小節からサビは小節頭でコードが変わるので、分かりやすくノリやすい感じに聞こえると思います。Bメロ自体も、途中からビートが入ってきています。

実際のコードでポイントとなっている1つが、BメロのD♭M7です。

Bメロ途中から、E♭→Fm7→E♭/G→A♭M7と、ベースラインが段々上がる順次進行の形になっています。この流れでA♭M7と次のB♭sus4を繋ぐコードなら、ベースにAを持って来たくなるのが自然でしょう。自分ならAm7-5もしくはF/Aですね。

そこを裏切って突然D♭M7を鳴らしています。Fmの代理という感じでしょうか。自然調和ではない意外性があり、サビ前にハッとする部分を作り出しています。

サビはいくつか着目してみましょう。まず2小節目にはB♭/Fを持ってきています。

コードが変わってもⅠの音をベースで留めることで、進行感を保留されているような独特の響きになります。次のC7/E→Fまで合わせて、Ⅰ→Ⅳ→Ⅴ→Ⅰという最も純粋なカデンツの形から1つ加え、印象的な響きとともにベースラインをスムーズに繋げています。

続いてB♭M7です。Fメジャーキーなので普通のダイアトニックコードⅣM7ですが、使われ方に少し工夫が見えます。

4小節目のF→C7/Eの進行から繋がっているわけですが、この流れだとF→E→DとベースがDに行くのが無難です。自分ならDmですね。そうなると次はC→B♭M7でしょうか。メロディもきちんとハマります。

そこであえてB♭M7を使っているのは、D→GのドミナントモーションではなくB♭→A→Gの下行形を使いたかったからでしょう。BメロのD♭M7ほどではないですが、自然調和から少し外している印象を受けます。

何も考えずそうなっているのかもしれませんが、そう思わない理由もあります。それが落ちサビの進行です。なんとここでは自分が挙げたC→B♭M7の方が採用されています。自然な形での進行を最後に見せ、転調してラスサビ、という考えが見えた気がします。

ちなみに、そもそもA・Bメロからサビへも転調している楽曲です。Ⅴsus4やⅤを引っ張って次の調のⅤを鳴らす、という半音上や1音上への転調でも王道パターンがどちらにも使われています。

最後に

今回は 君のため何ができるだろう/日向坂46 のコード譜を作成し、簡単に分析をしました。

グループ2・3期生の楽曲です。2ndシングルの「Dash&Rush」以来でしょうか。仲間への思い、友情を歌っています。

最近このグループの楽曲についての熱量が大きく、文章量が多くなってきている自覚があります。どれも魅力がありますが、この曲は歌詞の文字量が多く詰まりすぎている印象がある為、自分はそこまで刺さりはしなかったです。

ただ、アウトロのギターは素晴らしいです。好みです。ラジオの聞き逃しだとはんにゃ金田さんの喋りが被ってしまっているので、早く音源で聞きたいものです。