楽曲分析・感想

ジワるDAYS/AKB48 でコード進行を学ぶ

ジワるDAYS/AKB48 でコード進行を学ぶ

IN-TOSH(@intosh_redarrow)です。

今回は ジワるDAYS/AKB48 でコード進行を学んでいきます。

概要

ジワるDAYS/AKB48

作詞 : 秋元康

作曲 : 吉田司 / 塚田耕平

編曲 : APAZZI

B面 : 「私だってアイドル!」(共通)

「Generation Change」(Type A)

「初恋ドア」(Type B)

「必然性」(Type C)

「屋上から叫ぶ」(通常盤)

AKB48のメジャー55枚目のシングル。2019年3月13日リリース。

総合ソングチャート【Billboard Japan Hot 100】2019年3月25日付ランキング1位

ジワるDAYS/AKB48
created by Rinker

コード譜(フル)

コード譜の下へ

A・・・|・・・・

D・・・|・・・・

F#m7・・・|・・・・

Bm7・・・|・・・・

Am7・・・|D・・・

G・・・|A7/G・・・

F#7・F#7/A#・|Bm・・・

C・・・|A・・・

D・・・|・・・・

D・・・|・・・・

Bm・・・|・・・・

G・・・|・・・・

G・・・|A・・・

D・・・|・・・・

Bm・・・|・・・・

G・・・|・・・・

A・・・|・・・・

F#・・・|F#/A#・・・

Bm・・・|D/A・・・

G・・・|A・・・

D・・・|・・・・

F#・・・|F#/A#・・・

Bm7・・・|D/A・・・

E7/G#・・・|Em7/G・・・

Asus4・・・|・・・・

A・・・|Asus4・A・

D・・・|・・・・

F#m7・・・|・・・・

Bm7・・・|・・・・

Am7・・・|D・・・

G・・・|A7/G・・・

F#7・F#7/A#・|Bm7・・・

C・・・|・・・・

A・・・|・・・・

D・・・|・・・・

F#m7・・・|・・・・

Bm7・・・|・・・・

Am7・・・|D・・・

G#m7-5・・・|A7/G・・・

F#m・F#7/A#・|Bm・・・

C・・・|Asus4・A・

Dsus4・・・|D・・・

Em7・・・|A7sus4・・・

D・・・|・・・・

Bm・・・|・・・・

G・・・|・・・・

G・・・|A・・・

D・・・|・・・・

Bm・・・|・・・・

G・・・|・・・・

A・・・|・・・・

F#・・・|F#/A#・・・

Bm・・・|D/A・・・

G・・・|A・・・

D・・・|・・・・

F#・・・|F#/A#・・・

Bm7・・・|D/A・・・

E7/G#・・・|Em7/G・・・

Asus4・・・|・・・・

A・・・|Asus4・A・

D・・・|・・・・

F#m7・・・|・・・・

Bm7・・・|・・・・

Am7・・・|D・・・

G・・・|A7/G・・・

F#7・F#7/A#・|Bm7・・・

C・・・|・・・・

A・・・|・・・・

D・・・|・・・・

F#m7・・・|・・・・

Bm7・・・|・・・・

Am7・・・|D・・・

G#m7-5・・・|A7/G・・・

F#m・F#7/A#・|Bm・・・

C・・・|Asus4・A・

Dsus4・・・|D・・・

G・・・|・・・・

GmM7・・・|・・・・

F#m7・・・|・・・・

Baug7・・・|B・・・

Em・・・|D#aug・・・

G/D・・・|E7・・・

A・・・|・・・・

Asus4・・・|A・・・

D・・・|・・・・

F#m7・・・|・・・・

Bm7・・・|・・・・

Am7・・・|D・・・

G・・・|A7/G・・・

F#7・F#7/A#・|Bm7・・・

C・・・|・・・・

A・・・|・・・・

D・・・|・・・・

F#m7・・・|・・・・

Bm7・・・|・・・・

Am7・・・|D・・・

G#m7-5・・・|A7/G・・・

F#m・F#7/A#・|Bm・・・

C・・・|Asus4・A・

Dsus4・・・|D・・・

Em7・・・|A7sus4・・・

D・・・|・・・・

D・・・

コード譜の上へ

スポンサーリンク

コード進行 分析・解説

場面ごとに見ていきます。コードはディグリーネームで表記します。

また、ノンダイアトニックコード赤字で表記します。

楽曲のキーDメジャーです。

イントロ

Key = D

Ⅴ・・・|・・・・

( 原曲のキーで見る → イントロ )

いわゆる頭サビの楽曲ですが、サビ前に2小節ピアノのみのイントロが入ります。

単純にドミナントコードです。

サビ

Key = D

サビ-1

Ⅰ・・・|・・・・

Ⅲm7・・・|・・・・

Ⅵm7・・・|・・・・

Ⅴm7・・・|Ⅰ・・・

Ⅳ・・・|Ⅴ7/Ⅳ・・・

Ⅲ7Ⅲ7/#Ⅴ・|Ⅵm7・・・

#Ⅵ・・・|・・・・

Ⅴ・・・|・・・・

( 原曲のキーで見る → サビ-1 )

頭サビの部分は尺が16小節のみです。

Ⅰで始まるタイプの定番の進行です。7小節目、Ⅴm7→Ⅰ→Ⅳの進行で、ドミナントマイナーを用いた形のツーファイブです。Ⅳから見る(Ⅳを仮のⅠとする)とⅡm7→Ⅴ→Ⅰという基本の形と同じになりますね。

9小節目からの4536進行は定石とは少し違って、Ⅴ7/Ⅳというオンコードの形、ⅢmではなくⅢ7Ⅲ7/#Ⅴというノンダイアトニックコードを用いた形になっています。

#Ⅵ(♭Ⅶ)はサブドミナントの代理です。

厳密には同主調サブドミナント(マイナー)であるⅥmの代理コードⅡm7-5の代理コードと解釈できます。Ⅴに進み、間奏のⅠへ繋がります。

サビ-2,3,4

上記サビ-1の後に更に下記が加わります。

Ⅰ・・・|・・・・

Ⅲm7・・・|・・・・

Ⅵm7・・・|・・・・

Ⅴm7・・・|Ⅰ・・・

#Ⅳm7-5・・・|Ⅴ7/Ⅳ・・・

Ⅲm・Ⅲ7/#Ⅴ・|Ⅵm・・・

#Ⅵ・・・|Ⅴsus4・Ⅴ・

Ⅰsus4・・・|Ⅰ・・・

( 原曲のキーで見る → サビ-2 サビ-3 サビ-4 )

最初の8小節は、頭サビ部分及び、他のサビ前半の8小節と同じです。また、基本的な進行も前半と同様です。

9小節目、Ⅴm→Ⅰの後、Ⅳではなく#Ⅳm7-5に進行します。Ⅳのルート(根音)が半音上がっただけ(に7thが付加)のコードです。Ⅳを用いたコード進行を繰り返す時などにそのまま置き換えられ、何とも言えない、胸に刺さるような響きを放ちます。

#Ⅳm7-5には、パッシングディミニッシュのような使い方や、Ⅳの直前に入れる使い方もありますが、この使い方も効果的ですね。「卒業」の意味もあるこの楽曲にも合っていると思います。

サビ-2

1番のサビです。更に2小節が加わります。

Ⅱm7・・・|Ⅴsus4・・・

若干静かめな2小節が入り、間奏に繋がります。歌詞が英語なのが何となく良いですね。

サビ-4

Cメロ後のラスサビです。楽曲のエンディング部分にあたります。前半は俗に言う「落ちサビ」ですね。

Ⅱm7・・・|Ⅴsus4・・・

Ⅰ・・・|・・・・

Ⅰ・・・

最後には1番サビと同じ2小節が入り、さらにトニックで楽曲を締めくくります。

スポンサーリンク






間奏

Key = D

Ⅰ・・・|・・・・

Ⅵm・・・|・・・・

Ⅳ・・・|・・・・

Ⅳ・・・|Ⅴ・・・

( 原曲のキーで見る → 間奏-1 間奏-2 )

サビの後1番のAメロ前、1番のサビの後2番のAメロ前、にそれぞれ入る間奏です。

進行としては特筆すべき点は無いでしょう。ブラスのメロディが目立ちますね。

Aメロ

Key = D

Ⅰ・・・|・・・・

Ⅵm・・・|・・・・

Ⅳ・・・|・・・・

Ⅴ・・・|・・・・

・・・|Ⅲ/#Ⅴ・・・

Ⅵm・・・|Ⅰ/Ⅴ・・・

Ⅳ・・・|Ⅴ・・・

Ⅰ・・・|・・・・

( 原曲のキーで見る → A-1 A-2 )

最初の8小節を繰り返して16小節、というAメロはありがちですが、そうではないですね。9小節目からⅢ/#Ⅴと進行することで単純な繰り返し感はなくなっています。もちろんメロディも変わっています。

最後はしっかりとドミナント終止です。

Bメロ

Key = D

・・・|Ⅲ/#Ⅴ・・・

Ⅵm7・・・|Ⅰ/Ⅴ・・・

Ⅱ7/#Ⅳ・・・|Ⅱm7/Ⅳ・・・

Ⅴsus4・・・|・・・・

Ⅴ・・・|Ⅴsus4・Ⅴ・

( 原曲のキーで見る → B-1 B-2 )

や、そこからⅢ/#Ⅴへの進行はこの楽曲で何度か出てきます。Bメロでは頭に持ってくることでノンダイアトニックコードならではのインパクトを出しています。

Ⅱ7/#Ⅳ→Ⅱm7/Ⅳの進行はⅣ→Ⅳmのような響きを得られていますね。サブドミナントマイナーの仲間でしょうか。

Ⅵm7から、ベースラインがⅥ→Ⅴ→#Ⅳ→Ⅳと順次進行していて、ノンダイアトニックコードを用いつつも綺麗な流れになっています。

Cメロ

Key = D

Ⅳ・・・|・・・・

ⅣmM7・・・|・・・・

Ⅲm7・・・|・・・・

Ⅵaug7・・・|・・・

Ⅱm・・・|#Ⅰaug・・・

Ⅳ/Ⅰ・・・|Ⅱ7・・・

Ⅴ・・・|・・・・

Ⅴsus4・・・|Ⅴ・・・

( 原曲のキーで見る → C )

2番のサビからそのまま入る場面です。

冒頭はサブドミナントサブドミナントマイナーのお手本通りの流れになります。ⅣmM7としているのはメロディがメジャー7thをなぞっているためです。

7小節目から、→Ⅱmの進行は用いられることが多いものの、その前にⅥaug7を入れるのがポイントですね。Ⅳ→Ⅲという半音のラインが歌のメロディにも取り入れられていて、切なさを醸し出しています。

その後の9小節目から、Ⅱm→#Ⅰaug→Ⅳ/Ⅰはそれぞれ構成音が1音違いで、Ⅱ→#Ⅰ→Ⅰの流れと、畳み掛ける様な掛け合いの歌詞が合わさり、迫ってくるような感情、思いを感じられます。

ここも「卒業」に寄り添っているポイントだと思います。

最後に

今回は ジワるDAYS/AKB48 でコード進行を学びました。

「さっしー」こと指原莉乃のAKB48最後のシングルです。過去にセンターを務めた楽曲の振りが散りばめられていたり、「さしこ」にちなんだ3450着の衣装など、全面的にフィーチャーされています。

王道アイドルソングは好きではあるものの、AKB48の楽曲はほとんど昔のものしか知らなかったので、さっしーファンでも無いのに少し感動がありました。「ポニーテールとシュシュ」とか好きです。

歌詞や楽曲、ミュージックビデオなど、紐解いていくと新たな発見ができて良いですね。