コード譜と一言分析

ホントの時間/日向坂46 のコード進行と分析

ホントの時間/日向坂46 のコード進行と分析

IN-TOSH(@intosh_redarrow)です。

今回は ホントの時間/日向坂46 を採譜して、コード譜を作成しました。コード進行の一言分析も併せて紹介します。

概要

ホントの時間/日向坂46

作詞 : 秋元康

作曲 :

編曲 :

A面 : 「こんなに好きになっちゃっていいの?

B面 : 「まさか 偶然…」(Type-A)

一番好きだとみんなに言っていた小説のタイトルを思い出せない」(Type-B)

ママのドレス」(Type-C)

「川は流れる」(通常盤)

日向坂46の3枚目のシングル「こんなに好きになっちゃっていいの?」共通カップリング曲。2019年10月2日リリース予定。

こんなに好きになっちゃっていいの?/日向坂46
created by Rinker

コード譜(フル)

コード譜の下へ

  • イントロ

D♭/F・D♭sus4/G♭・|A♭sus4・B♭m7・

D♭/F・D♭sus4/G♭・|A♭sus4・N.C.

D♭・・・|A♭7/C・・・

D♭7/B・・・|G♭/B♭・・・

G♭m/A・・・|D♭/A♭・・・

G♭m7・・・|A♭sus4・A♭・

  • A-1

D♭・・・|A♭/D♭・・・

D♭7/B・・・|G♭/B♭・・・

Aaug・・・|D♭/A♭・・・

G♭m7・・・|A♭sus4・A♭・

D♭・・・|A♭/C・・・

D♭7/B・・・|G♭/B♭・・・

Aaug・・・|D♭/A♭・・・

G♭m7・・・|A♭sus4・A♭・

  • B-1

G♭sus2・・・|A♭・・・

D♭/F・・・|B♭m・・・

G♭sus2・・・|A♭・・・

D♭・・・|D♭7・・・

G♭sus2・・・|A♭sus4・・・

Fm(♭13)・・・|B♭m7・・・

E♭m7・・・|D♭/F・・・

B6・・・|A♭sus4・・・

  • サビ-1

G♭M9・A♭・|Fm Fm/E♭ B♭m7 B♭m7/A♭

G♭add9・A♭・|D♭・D♭7/B・ ×2

G♭・・・|Fm・B♭m7・

E♭m7・D♭/A♭ A♭|D♭・D♭7/B・

G♭・A♭・|D♭ D♭/C B♭m7 B♭m7/A♭

G♭・・・|A♭・・・

  • 間奏-1

D♭・・・|A♭7/C・・・

D♭7/B・・・|G♭/B♭・・・

G♭m/A・・・|D♭/A♭・・・

G♭m7・・・|A♭sus4・A♭・

  • A-2

D♭・・・|A♭/C・・・

D♭7/B・・・|G♭/B♭・・・

Aaug・・・|D♭/A♭・・・

G♭m7・・・|A♭sus4・A♭・

  • B-2

G♭sus2・・・|A♭・・・

D♭/F・・・|B♭m・・・

G♭sus2・・・|A♭・・・

D♭・・・|D♭7・・・

G♭sus2・・・|A♭sus4・・・

Fm(♭13)・・・|B♭m7・・・

E♭m7・・・|D♭/F・・・

B6・・・|A♭sus4・・・

  • サビ-2

G♭M9・A♭・|Fm Fm/E♭ B♭m7 B♭m7/A♭

G♭add9・A♭・|D♭・D♭7/B・ ×2

G♭・・・|Fm・B♭m7・

E♭m7・D♭/A♭ A♭|D♭・D♭7/B・

G♭・A♭・|D♭ D♭/C B♭m7 B♭m7/A♭

G♭・・・|A♭・・・

D♭・・・|D♭7/B・・・

  • C

G♭・・・|D♭/A♭・・・

D♭/F・・・|B♭m7・・・

G♭・・・|D♭/A♭・・・

D♭・・・|D♭7/B・・・

G♭・・・|D♭/A♭・・・

D♭・D♭/C・|B♭m7・B♭m7/A♭・

G♭・・・|・・・・

A♭sus4・・・|A♭・・・ ×2

  • サビ-3

G♭M9・A♭・|D♭・D♭/F・

G♭M9・A♭・|D♭・D♭7/B

G♭M9・A♭・|D♭・D♭/F・

G♭M9・A♭・|N.C.・・・

  • サビ-4

GM9・A・|F#m F#m/E Bm7 Bm7/A

Gadd9・A・|D・D7/C・ ×2

G・・・|F#m・Bm7・

Em7・D/A A|D・D7/C・

G・A・|D D/C# Bm7 Bm7/A

G・・・|A・・・

  • アウトロ

D・・・|A7/C#・・・

D7/C・・・|G/B・・・

Gm/B♭・・・|D/A・・・

Gm7・・・|Asus4・A・ ×2

D・・・|・・・・

コード譜の上へ

スポンサーリンク

コード進行 分析・解説

楽曲のキーD♭メジャーDメジャーです。

この楽曲を形作るポイントとなる進行は2つです。

1つは、いわゆる4536の形である王道進行です。非常によく使われる進行で、Bメロ、サビ、Cメロで使われています。

よく見ると純粋な4563ではない部分もありますが、オンコードなどで、似た響き、機能のコードが代理として使われています。

もう1つはイントロとアウトロと間奏、またAメロでの進行です。こちらもオンコードが多用され、ベースラインが半音ずつ順次進行で下行しています。

ベースラインが綺麗に下行する進行として例えばカノン進行がありますが、これはスケールの通りに下行していきます。それに対して、こちらは半音ずつ下行しています。

トニックセブンスコードサブドミナントマイナーなど、ノンダイアトニックコードの響きをふんだんに取り入れている進行で、胸に来るようなものがある進行だと思います。

幸せの中にも儚さを感じさせる、とでも言えるでしょうか。感じ方は人それぞれだと思いますが、言葉にするのは難しいですね。

ちなみに、7つめのコードを、5つめで既に出たⅣm(サブドミナントマイナー、G♭m7 or Gm7)ではなく、Ⅱ/♭Ⅴ(E♭/G or E/G#)に変えるのもアリだと思います。綺麗な半音の流れが続きます。

また個人的ポイントですが、1番のAメロの2小節目、A♭/D♭です。

イントロ、1番のAメロ、間奏、2番のAメロ、アウトロと、同様の進行が何度も登場する中、ここだけD♭→A♭/D♭と、1小節目のD♭を引っ張ってオンコードになっています。

おそらくイントロから1番のAメロ、という「同じ進行を初めて繰り返すタイミング」で、変化をつけようとしたのかなと思います。細部に拘りが見える感じで好きなポイントです。

最後に

今回は ホントの時間/日向坂46 のコード譜を作成し、簡単に分析をしました。

ラジオで初解禁された時は、前2作の共通c/wに比べて正直インパクトが弱いかな、と感じていました。音源の純粋なファーストインプレッションですね。

ですが、MVを見たらこの作品への評価がガラッと変わってしまいまして、日向坂46の「ハッピーオーラ」は凄まじいな、と思ってしまいました。見ていて多幸感が伝わってきますね。

音楽と映像を合わせて1つの作品なのだな、というのを感じました。音楽への評価をMVでひっくり返されたのは初めてです。

ただMVに関しても1つだけ残念だったのは、幕張での撮影時に歌詞を歌えていないことですね。作詞が間に合わなかったのか、原因は不明ですが、幕張のシーンはダンスやポーズのみとなっています。

前作から3ヶ月経っていないということや、今売れているグループだということも影響しているのでしょうか。とにかく、このシングルの他の楽曲も公開が楽しみです。

ちなみに、イントロとアウトロの口笛は、キャプテンの佐々木久美さんと、富田鈴花さんが奏でているようですね。