楽曲のコード進行

ガラスを割れ!/欅坂46 でコード進行を学ぶ

ガラスを割れ!/欅坂46 でコード進行を学ぶ

IN-TOSH(@intosh_redarrow)です。

今回は ガラスを割れ!/欅坂46 でコード進行を学んでいきます。

概要

ガラスを割れ!/欅坂46

作詞 : 秋元康

作曲 : 前迫潤哉 / Yasutaka.Ishio

編曲 : APAZZI

B面 : 「もう森へ帰ろうか?」(共通)

「夜明けの孤独」(Type-A)

「イマニミテイロ」(Type-B)

「ゼンマイ仕掛けの夢」(Type-C)

「バスルームトラベル」(Type-D)

「半分の記憶」(通常版)

欅坂46の6枚目のシングル。2018年3月7日リリース。NTTドコモ『ドコモの学割』『ハピチャン』CMソング、Apple Japan『Apple Music -4,500万曲の世界へ-』CMソング

総合ソングチャート【Billboard Japan Hot 100 of the Year2018】3位

ガラスを割れ!/欅坂46
created by Rinker

コード譜(フル)

コード譜の下へ

N.C.N.C.N.C.N.C.

N.C.N.C.N.C.N.C.

C#m・・・|・・・・

A・・・|・・・・

F#m・・・|・・・・

C#m・・・|・・・・

C#m・・・|・・・・

A・・・|・・・・

F#m・・・|・・・・

B・・・・|・・・・ ×2

A・・・|G#m・・・

C#m・・・|B・・・

A・・・|G#m・・・

C#m・・・|・・・・

B・・・|・・・・

AM7・・・|E・・・

C#m・・・|B・・・ ×3

AM7・・・|E・・・

C#m・・・|・・・・

C#m・・・|・・・・

C#m・・・|・・・・

A・・・|・・・・

F#m・・・|・・・・

B・・・・|・・・・ ×2

A・・・|G#m・・・

C#m・・・|B・・・

A・・・|G#m・・・

C#m・・・|・・・・

B・・・|・・・・

AM7・・・|E・・・

C#m・・・|B・・・ ×3

AM7・・・|E・・・

C#m・・・|・・・・

A・・・|・・・・

E・・・|B/F#・E/G#・

A・・・|B・・・

G#m・・・|A・・・

F#m・・・|・・・・

B・・・|・・・・

B・・・|・・・・

AM7・・・|E・・・

C#m・・・|B・・・ ×3

AM7・・・|E・・・

C#m・・・|・・・・

AM7・・・|E・・・

C#m・・・|B・・・ ×3

AM7・・・|E・・・

C#m・・・|・・・・

C#m・・・|・・・・

コード譜の上へ

スポンサーリンク

コード進行 分析・解説

場面ごとに見ていきます。コードはディグリーネームで表記します。

また、ノンダイアトニックコード赤字で表記します。

楽曲のキーC#マイナーです。

イントロ

Key = C#m

N.C.N.C.N.C.N.C.

N.C.N.C.N.C.N.C.

Ⅰm・・・|・・・・

♭Ⅵ・・・|・・・・

Ⅳm・・・|・・・・

Ⅰm・・・|・・・・

( 原曲のキーで見る → イントロ )

最初の8小節は声のみです。コードを付けるならⅠm(C#m)でいいと思います。

メジャーキーでもⅠ→Ⅵm→Ⅳ→Ⅰという進行がありますが、それと同様ドミナントを含まないため淡々とした進行です。

「クール」や「無表情」といったところにも魅力のある、欅坂46にマッチしているともいえるのではないでしょうか。

トニック?ドミナント?それぞれの「コードの機能」とは?
トニック?ドミナント?それぞれの「コードの機能」とは?IN-TOSH(@intosh_redarrow)です。 コード進行の話で「トニック」「ドミナント」「サブドミナント」という言葉を...

Aメロ

Key = C#m

Ⅰm・・・|・・・・

♭Ⅵ・・・|・・・・

Ⅳm・・・|・・・・

♭Ⅶ・・・|・・・・ ×2

( 原曲のキーで見る → A-1 A-2 )

イントロとほとんど変わらない淡々とした進行で、最後のⅠmが♭Ⅶに変わったのみです。2回繰り返します。

♭Ⅶというドミナントの代理コードが最後に入るので、イントロの進行よりも「8小節でひとかたまり、そこから次に繋がる雰囲気」を感じます。

メジャーキーでいうⅠ→Ⅵm→Ⅳ→Ⅴのような感じですね。

Bメロ

Key = C#m

♭Ⅵ・・・|Ⅴm・・・

Ⅰm・・・|♭Ⅶ・・・

♭Ⅵ・・・|Ⅴm・・・

Ⅰm・・・|・・・・

♭Ⅶ・・・|・・・・

( 原曲のキーで見る → B-1 B-2 )

イントロAメロと違うのはコードチェンジが1小節ごとになったこと(初めの6小節)と、Ⅴmが出てくることです。ここまでときちんと変化がついています。

出てくるコードは4種類で、順番も同じです。ですが、最後の4小節ではそれぞれのコードを2小節ずつに引っ張り、サビへの期待感を高めています。

サビ

Key = C#m

♭ⅥM7・・・|♭Ⅲ・・・

Ⅰm・・・|♭Ⅶ・・・ ×3

♭ⅥM7・・・|♭Ⅲ・・・

Ⅰm・・・|・・・・

( 原曲のキーで見る → サビ-1 サビ-2 サビ-3 サビ-4 )

他で出てくる♭Ⅵという表記と変え、♭ⅥM7としたのはメロディーメジャーセブンス(G#)をしっかりとなぞっていたためです。

特にイントロの♭Ⅵに関しては♭ⅥM7としてもいい部分ではあります。

この♭ⅥM7は平行調でいうⅣM7にあたり、サブドミナントから始まる進行は独特の雰囲気を醸し出すものです。王道進行など使用例は多いですね。

ここで初めて出てきた♭Ⅲにより、平行調長調ともとれるような、ここまでと異なる感じが出ています。マイナーの中に少し明るさを感じるといえるでしょうか。非常にキャッチーですね。

サビ-1 / サビ-4

Ⅰm・・・|・・・・

1番のサビでは、16小節の後、歌のない2小節が挿入されます。2番のAメロ前の一瞬の間奏とも捉えられます。

また4回目のサビの最後、楽曲のエンディングにあたる部分では、歌も含めて最後の2小節を繰り返しますので上記と同様の形になります。

コードはそのままⅠmとしていますが、単音フレーズのキメの場面なので、あえて表記するなら、という感じです。

スポンサーリンク






間奏

Key = C#m

♭Ⅵ・・・|・・・・

♭Ⅲ・・・|♭Ⅶ/Ⅳ・♭Ⅲ/Ⅴ・

♭Ⅵ・・・|♭Ⅶ・・・

Ⅴm・・・|♭Ⅵ・・・

Ⅳm・・・|・・・・

♭Ⅶ・・・|・・・・

♭Ⅶ・・・|・・・・

( 原曲のキーで見る → 間奏 )

2番のサビの後に入るギターソロの部分です。ここで新しく出てくるコードは特にありません。

ただ、4小節目はベースラインに動きがあるためオンコードの表記にしています。ただギターソロの裏ということもあって、実際はここに表記してあるほどのコード感は出ていません。

最後は♭Ⅶのまま引っ張って最後のサビ2回へ続いていきます。

最後に

今回は ガラスを割れ!/欅坂46 でコード進行を学びました。

楽曲の全てがダイアトニックコードで構成されている、マイナー調でカッコいい楽曲でした。CMで流れるサビしか知りませんでしたが、ギターソロなんかもいいですね。

シンプルな楽曲だからこそ、欅坂46の激しい動きのダンスやカッコよさが引き立ちますね。あまり詳しくありませんが、独自の路線でとてもいいなと思いました。

関連記事