音楽理論

ダイアトニックコード一覧と機能、メジャー・マイナーの違い

ダイアトニックコード一覧と機能、メジャー・マイナーの違い

IN-TOSH(@intosh_redarrow)です。

コード進行の話になると必ず出てくる「ダイアトニックコード」ですが、それぞれのコードの機能メジャーキーマイナーキーでの違いなどは、分かりますか?

今回は「ダイアトニックコード」について誰にでも分かるように解説していきます。

ダイアトニックコードとは

定義

  • ダイアトニックコード = 全音階和音

ダイアトニックコードとは、ダイアトニックスケール上の各音から、そのスケールで成り立つ和音のことを言います。三和音(トライアド)の形と四和音の形があります。

ダイアトニックとは?「コード」「スケール」に付く言葉の意味
ダイアトニックとは?「コード」「スケール」に付く言葉の意味IN-TOSH(@intosh_redarrow)です。 音楽理論について学ぼうとしたら「ダイアトニックコード」や「ダイアトニック...

そのスケールの音だけを使う和音、ということですね。メジャーとマイナーそれぞれでダイアトニックコードが存在します。

また、コードを転回したり、音を付加・削除したりすると構成音が同じ、または非常に近くなるコードがあります。機能的にも互換性を持つ場合があり、代理コードと呼ばれます。

転回とは、コードの構成音の上下を入れ替えた形で、「ドミソ」の和音なら「ミソド」「ソドミ」が転回した形です。

  • ダイアトニックコードとはダイアトニックスケールの音で成り立つ和音
  • 三和音の形と四和音の形がある
  • 代理コードとは転回や、音の付加・削除で構成音が同じまたは非常に近くなるコードで、機能も互換がある
  • 転回とはコードの構成音の上下を入れ替えた形
ノンダイアトニックコードが一瞬で楽曲の雰囲気を変える
ノンダイアトニックコードが一瞬で楽曲の雰囲気を変えるIN-TOSH(@intosh_redarrow)です。 「ダイアトニックコード」や「ノンダイアトニックコード」という単語は見たこ...

メジャーダイアトニックコード

ダイアトニックコードの中で、メジャーキーの音だけを使う和音です。

メジャーダイアトニックコードの構成音と機能

三和音の形で表記します。ディグリーネーム : 3つの構成音が主音から見て何度か : コードの機能 という順番で示します。例えばⅠなら構成音は1度、長3度、5度、となります。

Ⅰ?Ⅳ?コード進行の話でよく聞くディグリーネームとは?
Ⅰ?Ⅳ?コード進行の話でよく聞くディグリーネームとは?IN-TOSH(@intosh_redarrow)です。 コード進行などの音楽理論の話だと、Ⅰ Ⅳ Ⅴ Ⅵ などのローマ数字や、「...
  • Ⅰ : 1/3/5 : トニック
  • Ⅱm : 2/4/6 : サブドミナントの代理
  • Ⅲm : 3/5/7 : トニックの代理
  • Ⅳ : 4/6/1 : サブドミナント
  • Ⅴ : 5/7/2 : ドミナント
  • Ⅵm : 6/1/3 : トニックの代理(サブドミナントの代理)
  • Ⅶm-5 : 7/2/4 : ドミナントの代理
  • Ⅵmはトニックともサブドミナントとも構成音が近く、どちらの代理コードとも言える
スポンサーリンク

マイナーダイアトニックコード

マイナースケールは3種類あるため、マイナーダイアトニックコードも3種類となります。

三和音の形で表記します。ディグリーネーム : 3つの構成音が主音から見て何度か : コードの機能 という順番で示します。例えばⅠmなら構成音は1度、短3度、5度、となります。

ナチュラルマイナースケール

  • Ⅰm : 1/m3/5 : トニック
  • Ⅱm-5 : 2/4/m6 : サブドミナントの代理
  • ♭Ⅲ : m3/5/m7 : トニックの代理
  • Ⅳm : 4/m6/1 : サブドミナント
  • Ⅴm : 5/m7/2 : ドミナント
  • ♭Ⅵ : m6/1/m3 : トニックの代理(サブドミナントの代理)
  • ♭Ⅶ : m7/2/4 : ドミナントの代理
  • トニック、サブドミナント、ドミナントは全てマイナー

ハーモニックマイナースケール

  • Ⅰm : 1/m3/5 : トニック
  • Ⅱm-5 : 2/4/m6 : サブドミナントの代理
  • ♭Ⅲaug : m3/5/7 : トニックの代理
  • Ⅳm : 4/m6/1 : サブドミナント
  • Ⅴ : 5/7/2 : ドミナント
  • ♭Ⅵ : m6/1/m3 : トニックの代理(サブドミナントの代理)
  • Ⅶm-5 : 7/2/4 : ドミナントの代理
  • トニック、サブドミナントがマイナー、ドミナントはメジャー

メロディックマイナースケール

  • Ⅰm : 1/m3/5 : トニック
  • Ⅱm : 2/4/6 : サブドミナントの代理
  • ♭Ⅲaug : m3/5/7 : トニックの代理
  • Ⅳ : 4/6/1 : サブドミナント
  • Ⅴ : 5/7/2 : ドミナント
  • Ⅵm-5 : 6/1/m3 : トニックの代理(サブドミナントの代理)
  • Ⅶm-5 : 7/2/4 : ドミナントの代理
  • トニックがマイナー、サブドミナント、ドミナントはメジャー

じっくり見比べた方は分かったかと思います。実は3種類のマイナーダイアトニックコードは、コードが違うところはあっても機能的には特に変わりません

  • 3種類のマイナースケールの違いはⅵ度音ⅶ度音のため、その音が含まれるコードが変化する
  • コードの機能は3種類で特に変わらない

最後に

今回は「ダイアトニックコード」について学びました。

このような一覧があれば、どのキーでもすぐにダイアトニックコードの構成、機能がわかります。ダイアトニックスケールであるメジャースケール、マイナースケールとともに頭に入れておくと良いですね。

関連記事