音楽理論

Ⅰ?Ⅳ?コード進行の話でよく聞くディグリーネームとは?

Ⅰ?Ⅳ?コード進行の話でよく聞くディグリーネームとは?

IN-TOSH(@intosh_redarrow)です。

コード進行などの音楽理論の話だと、Ⅰ Ⅳ Ⅴ Ⅵ などのローマ数字や、「ディグリーネーム表記」なんて言葉を見たり聞いたりすると思います。ただ、この数字や言葉、厳密にはどういう意味なのかご存知でしょうか?

今回は「ディグリーネーム」について誰にでも分かるように解説していきます。

言葉の意味

「ディグリーネーム」は英語

英語で表記すると Degree Name となります。

  • Name

そのままなので分かりますね。「名前」のことです。何の名前なのか、ということになりますが、Degree とは何でしょう?

  • Degree

この単語には、温度などで使う「」という意味があります。ちなみに他には「程度」や「級」「学位」などといった意味もあります。この意味から、Degree Name を訳すと「何度であるか示す名前」ということになります。

「ディグリーネーム」を日本語であらわす時は、「度数表記」という言い方をします。

  • ディグリーネームは「何度であるか示す名前
  • 日本語では「度数表記

音楽での「度」

音楽の話で出てくる「」という言葉は、温度や角度をあらわすわけではありません。「音程」の単位になります。「音程」とは2つの音の高さの距離のことをいいます。

同じ高さの2つの音を「1度」として、高さの距離が開いていくにつれて2度、3度と度数が増えていく仕組みです。例えば「ド」の音を基準にすると「ド、レ、ミ」は「1度、2度、3度」とあらわすことができます。「8度」で1オクターブ上の「」になります。

また、音程の表記には「1度、2度」などの数字の前に、完全といった言葉が組み合わされることもあります。

  • 音楽での「」は「音程」の単位
  • 8度」で1オクターブ上の音
  • 完全 を組み合わせる

ローマ数字の意味と使う理由

ディグリーネームにおけるローマ数字

ディグリーネーム(度数表記)においてローマ数字は何を意味しているのでしょうか。

この数字は、任意のキー(調)の中で、何番目の音であるかを示す数字です。また、コード(和音)のことをあらわして、進行を示したり、その分析をすることなどに多く用いられます。

これは、コードの機能が「コードそのもの」ではなく「キーの中での何番目の音のコードであるか」によって変わるものだからです。

  • ローマ数字は「そのキーで何番目の音か」を示す数字
  • コード進行を示したり、分析したりするのに使われることが多い
  • コードの機能は「キーの中で何番目の音のコードであるか」で変わる

機能でコードを見る例

例えばCメジャーのキーでは

  • Ⅰは C
  • Ⅳは F

を示します。また、Fメジャーのキーでは

  • Ⅰは F
  • Ⅳは B♭

を示します。それぞれのキーでの1番目、4番目の音を挙げました。

Cメジャーで「F」というコードはサブドミナントにあたりますが、Fメジャーで「F」というコードはトニックにあたります。同じFというコードでもキーによって機能が違います。これでは「F」という表記でコードの機能が分かりませんね。

こういう場合は、

  • CメジャーではⅣ
  • FメジャーではⅠ

という表記にして相対的に見ると、同じ「F」というコードを機能で示すことができます。

  • ローマ数字のディグリーネーム表記によって、コードを相対的に見ることができる
スポンサーリンク

コード進行でのディグリーネーム

実際のコード進行での例

簡単な進行を例に挙げてみます。

C・G・Am・Em

上記のキーはCメジャーです。では次の進行を見てみましょう。キーはFメジャーです。

F・C・Dm・Am

ほとんど違うコードを使っている進行ですね。共通するのはAmというコードだけで、違うタイミングで登場しています。これだけでは全然違う2つの進行に見えます。

ですが実は、この2つの進行は同じコード進行なんです。カノン進行の前半部分ですね。ディグリーネームで表記してみます。

Ⅰ・Ⅴ・Ⅵm・Ⅲm

共通して登場していたAmというコードは、CメジャーでのⅥmであり、FメジャーでのⅢmである、ということでした。

違うコードばかりを使っているように見えても、実際は同じコード進行が別のキーであらわされているだけ、ということはよくあります。このように、コード進行本質的に捉えるためにはディグリーネームの表記によって相対的に見ることが必要なのです。

  • 違うコードばかりを使っていても同じコード進行であることはある
  • コード進行本質的に捉えるためには、ディグリーネーム表記で相対的に見ることが必要

最後に

今回は「ディグリーネーム」について学びました。

コード進行、音楽理論について学ぶうえでは知っていることは必須ですので、このローマ数字の表現には慣れておきましょう。それだけで音楽理論について知識、可能性をとても広げることができます。