音楽理論

「順次進行」とは?心地よく印象に残るコード進行について

順次進行とは?心地よく印象に残るコード進行について

IN-TOSH(@intosh_redarrow)です。

楽曲を聴いていると、「音が上にどんどん上がっていく」「どんどん下がっていく」というようなコード進行が聞こえることがあると思います。その正体を探っていきます。

今回は「順次進行」について誰にでも分かるように解説していきます。

順次進行とは

単音の進行についての用語

順次進行とは、ある音が2度上もしくは2度下に進行することをいいます。「ド」から始まるとすると、「レ」か「シ」に進行することですね。音階(ダイアトニックスケール)でいう隣り合った音への進行、とも捉えられます。

実はコード進行についてというより、メロディなどの単音についての用語になります。

ダイアトニックとは?「コード」「スケール」に付く言葉の意味
ダイアトニックとは?「コード」「スケール」に付く言葉の意味IN-TOSH(@intosh_redarrow)です。 音楽理論について学ぼうとしたら「ダイアトニックコード」や「ダイアトニック...
  • 順次進行とは、ある音が2度上もしくは2度下に進行すること
  • 音階でいう隣り合った音への進行
  • 単音についての用語なので、コード進行というよりメロディなどについての用語

順次進行以外の進行

ある音の進行を見るとき、大きく3つに分けられます。そのため、順次進行以外に進行はもう2つあります。

1つは跳躍進行です。これは2度以上離れた音に進行することをいいます。「ド」から始まるとすると、「ミ」「ファ」「ソ」「ラ」に進行することですね。

もう1つは同音進行です。これは同じ音への進行をいいます。「ド」から「ド」への進むことです。

同じ音に進むか、隣り合った音に進むか、離れた音に進むか、という簡単な話ですね。

  • 跳躍進行とは、2度以上離れた音に進行すること
  • 同音進行とは、同じ音に進行すること

順次進行の例

コード進行における順次進行

楽曲によく使われるコード進行で、順次進行を見てみましょう。ディグリーネームで表記します。

Ⅰ?Ⅳ?コード進行の話でよく聞くディグリーネームとは?
Ⅰ?Ⅳ?コード進行の話でよく聞くディグリーネームとは?IN-TOSH(@intosh_redarrow)です。 コード進行などの音楽理論の話だと、Ⅰ Ⅳ Ⅴ Ⅵ などのローマ数字や、「...

・Ⅴ/m・Ⅲm/

・Ⅰ/m・Ⅴ・

カノン進行を少し変形したものです。ベースラインに注目します。

オンコードを使うことで、7つものコードでベースラインがⅠ→Ⅶ→Ⅵ→Ⅴ→Ⅳ→Ⅲ→Ⅱと順次進行していることが分かります。音階に沿った順次進行です。

その後ドミナントのⅤに進行し、またトニックのⅠに戻っていくことが多いです。

これは特殊なコード進行というわけではなく、ごく一般的に楽曲に使われています。

トニック?ドミナント?それぞれの「コードの機能」とは?
トニック?ドミナント?それぞれの「コードの機能」とは?IN-TOSH(@intosh_redarrow)です。 コード進行の話で「トニック」「ドミナント」「サブドミナント」という言葉を...
  • 順次進行は特殊なものではなく、ごく一般的に楽曲に取り入れられている
スポンサーリンク

順次進行の効果

自然で心地よい進行

上記の例にある進行もそうですが、順次進行には安心感を感じます。なぜなら、音階に沿った順次進行は「その音階で最も自然に聞こえる進行」であるからです。

次のコードに進行したときに順次進行した音があるとします。すると聴いている人は、何も知らなくてもさらに順次進行することを予想してしまうのです。

その通りに音が流れることで、自然で心地よい進行に聞こえるのですね。

分かりやすく印象に残る

自然に聞こえる順次進行は、分かりやすく印象に残ります。「次はこうなる」ということが考えずとも分かるからです。

これは上記の例のようなベースラインに限らず、裏で鳴っているフレーズや、コードを鳴らす楽器のトップノート(最高音)、場合によっては歌われるメロディもそうです。これらのような耳に残りやすいものが順次進行することで、さらに効果的になります。

  • 順次進行はベースラインだけでなく、フレーズ作りやコード中のトップノート、メロディなどでも使われ、それぞれ効果的

最後に

今回は「順次進行」について学びました。

色々な楽曲のコード進行を見てみると、「ここはこの音が順次進行しているから印象的なんだ!」と思うこともあるかもしれません。単純なようで奥が深いお話でした。

関連記事